科目名 英文構成法Ⅰ
単位数 2.0
担当者 教授 岩井 千秋
履修時期 前期
履修対象 3年次生以上
概要 英語を使いこなすには、英語知識の習得と、それを使って自己表現する能力(performance)が求められます。英文構成法Iは英語で積極的に「表現」する(書く、話す)ための基礎知識を身につけるだけでなく、それを実際に使って perform することを目的として授業を進めます。発声練習、シャドーイング、スピードをつけるための音読などの基礎的な練習方法を取り入れます。さらに、実際のスピーチや、受講生同士の発表を評価し合う学習を行うなどし、どんな点に気をつければよいのかを一緒に学んでいきます。(授業は大半を英語で行います。)(授業形態「講義」。演習的な学習も導入。)
科目の到達目標 1.英語で発表 (oral presentation) するのに必要な技能を習得すること。
2.発表に必要な、正確かつ論理的なdraft を作成するスキルを高めること。
3.発表に要する様々な方略 (strategies) を練習し、身につけること。
4.人に分かりやすく伝える工夫を行い、実際に performanceできるようになること。
受講要件 TOEIC600点以上であることが望ましい。さらなる英語学習に意欲があり、高い英語力を身に着けようとしていること。
事前・事後学修の内容 1.アクティブラーニングの要素を取り入れ、授業ではかなりの予習用の課題を出しますから、それに取り組んだ上で授業に出席すること。
2.英語学習を習慣化させるため、毎週英語のエッセー(journal)を書いてくる課題も出します。
3.授業で学習した内容を、事前にしっかりリハーサルして、発表に備えること。
講義内容 1 Introduction (class objectives, activities, assignments, etc.) 
2 Speaking in front of others: Choral reading and performance 1
3 Speaking in front of others: Choral reading and performance 2
4 Speaking in front of others: Choral reading and performance 3
5 Analysis and discussion of effective strategies for talking to other people 1
6 Analysis and discussion of effective strategies for talking to other people 2
7 Analysis and discussion of effective strategies for talking to other people 3
8 Analysis and discussion of effective strategies for talking to other people 4
9 Preparation for your oral presentation and performance 1
10 Preparation for your oral presentation and performance 2
11 Preparation for your oral presentation and performance 3
12 Preparation for your oral presentation and performance 4
13 Presentation & Evaluation 1
14 Presentation & Evaluation 2
15 Presentation & Evaluation 3
評価方法 授業課題(40%)、発表(30%)、出席と授業への参加(30%)。
教科書等 追って指示する。
担当者プロフィール 第二言語の学習・習得、使用についての研究。研究モットー:「言語は『観察だ』」。授業での口癖:「目標言語と恋に落ちよ!」毎朝勉強中の言語:「韓国語」(と「英語」)。週1で勉強中の言語「手話」。現在の研究課題: Oral communication and performance, and strategy use. 主要著書:『第二言語使用におけるコミュニケーション方略』。さらに詳しくは: http://chuck-hcu.jp/
備考