科目名 英文構成法Ⅱ
単位数 2.0
担当者 教授 岩井 千秋
履修時期 後期
履修対象 3年生以上
概要 後期の英文構成法Ⅱは前期に養った英語で表現する力を応用して、「調べる-書く-話す」をセットにして授業を展開していきます。「調べる」、「書く」については受講生自身の関心のある内容を英語で発信力できるようにすることを、「話す」については、前期で学習した方法を継続的に実践しながら、全体的な発話能力の向上を目指します。(授業は大半を英語で行います。)
科目の到達目標 1.英文で読んだ内容を自分のことばを使ってまとめられるようになること。
2.自身の関心のあるテーマについて調べて、英語で表現すること。
3.人に分かりやすく伝える工夫を行い、実際に performanceできるようになること。
受講要件 TOEIC 650点以上であることが望ましい。さらなる英語学習に意欲があり、高い英語力を身に着けようとしていること。
事前・事後学修の内容 1.アクティブラーニングの要素を取り入れ、授業ではかなりの予習用の課題を出しますから、それに取り組んだ上で授業に出席すること。
2.英語学習を習慣化させるため、毎週英語のエッセー(journal)を書いてノートを持参すること。
3.課題のリサーチペーパー(参考文献を除き5ページ以上)を執筆して提出すること。
講義内容 1 Introduction (class objectives, activities, assignments, etc.) 
2 Speaking in front of others: Choral reading and performance 1
3 Speaking in front of others: Choral reading and performance 2
4 Speaking in front of others: Choral reading and performance 3
5 Analysis and discussion of effective strategies for talking to other people 1
6 Analysis and discussion of effective strategies for talking to other people 2
7 Analysis and discussion of effective strategies for talking to other people 3
8 Analysis and discussion of effective strategies for talking to other people 4
9 Preparation for your oral presentation and performance 1
10 Preparation for your oral presentation and performance 2
11 Preparation for your oral presentation and performance 3
12 Preparation for your oral presentation and performance 4
13 Presentation & Evaluation 1
14 Presentation & Evaluation 2
15 Presentation & Evaluation 3
評価方法 授業課題(40%)、発表(30%)、授業への参加度合い(30%)。
教科書等 追って指示する。
担当者プロフィール 第二言語の学習・習得、使用についての研究。研究モットー:「言語は『観察だ』」。授業での口癖:「目標言語と恋に落ちよ!」毎朝勉強中の言語:「韓国語」(と「英語」)。週1で勉強中の言語「手話」。現在の研究課題: Oral communication and performance, and strategy use. 主要著書:『第二言語使用におけるコミュニケーション方略』。さらに詳しくは: http://chuck-hcu.jp/
備考