科目名 国際関係論
単位数 2.0
担当者 教授 吉田 晴彦
履修時期 前期
履修対象 1年
概要 「グローバル化」の荒波の中で、国際情勢はめまぐるしく変容しつつある。様々な視点を持った多様なアクターが織りなす「国際関係」を私たちはどのように認識し、それについてどのように対処しようとしているのだろうか。国際関係が変容してきた状況と、私たちの「国際認識」の問題を中心に考えていくことにしたい。
科目の到達目標 無数の情報が世界中から洪水のように押し寄せてくる現代社会。しかし、それらを見きわめていく「眼」を持たねば、いかに有益な情報も単なる雑音にすぎない。この講義では、社会科学という視点から、現在世界で問題となっているいくつかのテーマについて取り上げながら、「国際関係を見る眼」を養う力を身につけることを目標とする。
受講要件 特になし
事前・事後学修の内容 テキストや参考書の関連箇所を随時チェックしておくこと。また、普段から新聞やテレビの報道をチェックするよう心がけておくこと。
講義の中で、随時レポートを書いていただきます。それら情報を加味して皆さん自身の考えをまとめ、また見つめ直す機会にしてください。
講義内容 1 ガイダンスとイントロダクション
2 国際関係とは何か
 (1)国際関係のイメージ
 (2)様々なアクターがおりなす関係
3 国際関係とは何か
 (1)近代以降の国際関係
 (2)変容する国際認識
 (3)変容する問題意識
 (4)グローバル化の時代
 (5)国民国家の現在
5 多様な人々が暮らす世界
 (1)国際関係とアイデンティティ
 (2)国際関係と国際交流
 (3)国際交流と戦争
 (4)国際化の時代
 (5)グローバル化の時代
 (6)国家という「非常識」
6 まとめ
評価方法 平常点(講義内で課されるレポート)5割、期末レポート5割の配分を基準に評価を行う。また、評価法としては相対評価を基本とする。
教科書等 教科書
中村都編『国際関係論へのファーストステップ』法律文化社、2011年。

参考書として
広島市立大学国際学部 国際政治・平和フォーラム編『世界の眺めかた』千倉書房
戸田真紀子・勝間靖・三上貴教編『国際社会を学ぶ』晃洋書房
松尾雅嗣・小柏葉子編『アクター発の平和学』法律文化社
吉川元編『国際関係論を超えて』山川出版社
吉川元・加藤普章編『マイノリティの国際政治学』有信堂
その他、講義内で適宜指示する。
担当者プロフィール 国際関係論、特に政府レベルおよび市民レベルの国際協力の問題について研究しています。著書に『国際社会を学ぶ』(共著、晃洋書房)、『国際関係論へのファーストステップ』(共著、法律文化社)、『なぜ核はなくならないのか』(共著、法律文化社)、『マイノリティの国際政治学』(共著、有信堂)、『国際関係論を超えて』(共著、山川出版社)、『アクター発の平和学』(共著、法律文化社)、『現代アジアの変化と連続性』(共著、彩流社)、『世界の眺めかた』(共著、千倉書房)など
備考