科目名 国際法Ⅰ
単位数 2.0
担当者 教授 太田 育子
履修時期 前期
履修対象 2年
概要  授業形態:講義です。

 ドキュメンタリー番組や新聞記事などを利用し、時事的な国際問題にも留意しつつ、国際法とは何か、国際法は何をなしうるのか、国際法はいかに作用するか、について考察していきます。
 国際法Ⅰでは総論(主体、歴史、成立形式など)を、国際法Ⅱでは総論を復習しながら各論(空間秩序、人権、環境、紛争処理など)を、取り扱います。
 通年で受講することを想定して、講義を行います。
科目の到達目標 (1) 国際法(国際社会を規律する法)の基本概念を理解しつつ、各自の国際社会観を拡げ深めましょう。
(2) 現実(国際社会に生起する事象)と法とのかかわりを検討しつつ、自分自身の実現したい価値と、日本社会そして国際社会がどのような関係にあるか、考え始めましょう。
受講要件  「法学(日本国憲法)」、「平和と人権」を履修していると、講義内容の理解がより深まるでしょう。
事前・事後学修の内容  前期の国際法Ⅰでは、講義で使う「法律用語」に慣れるまで、しばらく時間がかかるかも知れません。
 特定の意味を正確に伝えるための「記号」であるだけで、慣れの問題です。
 どうぞ「難しい!」と自分で学びのブロックを作ることなく、講義で配布した資料や指示した箇所は、
講義後に必ず目を通しておいてください。その際には、国語辞典や法律用語辞典も、積極的に使ってみてください。
講義内容 1 イントロダクション
2 国際社会と国際法: 現状と課題①
3            同 ②
4            同 ③
5 国際法の歴史: 近代国際法の成立①
6             同 ②
7 国際法の歴史: 近代国際法の展開①
8             同 ②
9             同 ③
10 国際法の歴史: 現代国際法の発展①
11            同 ②
12 教科書選択項目・グループプレゼン1+関連講義
13 教科書選択項目・グループプレゼン2+関連講義
14 教科書選択項目・グループプレゼン3+関連講義
15 教科書選択項目・グループプレゼン4+関連講義

評価方法  到達目標: 国際法体系の全体像を把握し、基礎知識を習得するとともに、「講義のねらい」に沿って、各自の関心分野の専門知識を拡充します。
 評 価: 教科書から関心あるトピックを選んでのグループプレゼンテーションと、クラスからの質疑応答を経ての、同トピックに関する個別レポート(2000字以上、参考文献つき、8月1日火曜5時締切)提出により評価します。
 レポートは、①国際法体系のなかでの各自の関心分野の位置づけが妥当になされているか(20%)、②各自の関心分野における国際法知識は妥当か(30%)、③論述の論理構成は妥当か(30%)、④論述が各自の問題意識を妥当に反映しているか(20%)、の基準で評価します。

教科書等  教科書:森川幸一他『国際法で世界がわかる』(岩波書店、2016年)
 参考書: ①松井芳郎他 『国際法 第5版』(有斐閣Sシリーズ、2007年)
②国際法学会編 『国際関係法辞典(第2版)』(三省堂、2005年)、その他、適宜指示します。
担当者プロフィール  国際法・国際人権法専攻、法学博士(Stanford Univ.). 国際合意の履行確保を契機とする国内法政策の“脱構築”に関心があり、近年の研究テーマは「市場のグローバル化に伴う主権機能の変質と日本の労働力再生産過程(ケア)における公益確保」。共著に『日本と国際法の100年 第4巻 人権』(三省堂)、『現代世界と福祉国家』(御茶の水書房)など。
備考