科目名 国際法Ⅱ
単位数 2.0
担当者 教授 太田 育子
履修時期 後期
履修対象 2年
概要  授業形態:講義です。

 ドキュメンタリー番組や新聞記事などを利用し、時事的な国際問題にも留意しつつ、国際法とは何か、国際法は何をなしうるのか、国際法はいかに作用するか、について考察していきます。
 国際法Ⅰでは総論(主体、歴史、成立形式など)を、国際法Ⅱでは総論を復習しながら各論(空間秩序、人権、環境、紛争処理など)を、取り扱います。
 通年で受講することを想定して、講義を行います。
科目の到達目標 (1) 国際法(国際社会を規律する法)の基本概念を理解しつつ、各自の国際社会観を拡げ深めましょう。
(2) 現実(国際社会に生起する事象)と法とのかかわりを検討しつつ、自分自身の実現したい価値と、
日本社会そして国際社会がどのような関係にあるか、考え始めましょう。
受講要件  
「法学(日本国憲法)」、「平和と人権」を履修していると、講義内容の理解がより深まるでしょう。
事前・事後学修の内容  国際法Ⅰと通年で受講することを想定して講義を行います。国際法Ⅱからの受講は自由ですが、その場合には、配布レジュメの内容を理解するために、参考書による自習(復習)が、必要となるかも知れません。また、各自の国際社会観を拡げ深めるために、関連するメディア報道を視聴したり、新聞記事等を読んでみましょう。
講義内容 1 イントロダクション(国際法Ⅰ試験講評)
2 条約法: 条約の成立①
3         同②
4      条約の留保と解釈宣言
5      条約の解釈と適用①
6         同②
7      条約の無効と終了
8 教科書選択項目・グループプレゼン1+関連講義
9 教科書選択項目・グループプレゼン2+関連講義
10 教科書選択項目・グループプレゼン3+関連講義
11 教科書選択項目・グループプレゼン4+関連講義
12 教科書選択項目・グループプレゼン5+関連講義
13 教科書選択項目・グループプレゼン6+関連講義
14 教科書選択項目・グループプレゼン7+関連講義
15 教科書選択項目・グループプレゼン8+関連講義
評価方法  到達目標: 国際法各論の基礎知識を習得するとともに、「講義のねらい」に沿って、各自の関心分野の専門知識をより拡充します。
 評 価: 教科書から関心あるトピックを選んでのグループプレゼンテーション(受講者数に応じた回数)と、クラスからの質疑応答を経ての、同トピックに関する個別レポート(2000字以上、参考文献つき、1月30日火曜5時締切)提出により評価します。
 レポートは、①国際法体系のなかでの各自の関心分野の位置づけが妥当になされているか(20%)、②各自の関心分野における国際法知識は妥当か(30%)、③論述の論理構成は妥当か(30%)、④論述が各自の問題意識を妥当に反映しているか(20%)、の基準で評価します。

教科書等 教科書:森川幸一他『国際法で世界がわかる』(岩波書店、2016年)
参考書: ①松井芳郎他 『国際法 第5版』(有斐閣Sシリーズ、2007年)
②国際法学会編 『国際関係法辞典(第2版)』(三省堂、2005年)、その他、適宜指示します。
担当者プロフィール  国際法Ⅰのプロフィールをご参照ください。
備考