科目名 国際協力論Ⅰ
単位数 2.0
担当者 教授 吉田 晴彦
履修時期 前期
履修対象 2年
概要 現在の国際社会は、単に諸国家が共存する時代から、国家やそれ以外の行為体(アクター)が積極的に協力し合わなければならない時代へと移行しつつある。しかしながら、その現実は、政治的にも経済的にも様々な矛盾に満ちている。そうした矛盾はどのように解消されようとしているのか。前期は、国際開発協力を中心に、国際協力のあゆみや国際協力の仕組みなどについて考えながら、そうした問題について検討する。
科目の到達目標 どのような「行為体」が、どのような「課題」に対して、「なぜ」「どのように」国際協力に関わっているのか、そしてそこにどのような意味があるのかという問題について、理論と現実の両側面から考察する力を身につける。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 通常の講義の他、特に後半では英語文献を教材として使用する。メーリングリスト利用による課題提出などが課されるので、承知しておくこと。 他メンバーの提出課題に対するコメント、参考資料の提示など、講義への積極的参加が大きな評価ポイントとなる。
講義内容 1 ガイダンスとイントロダクション
2 国際協力とは何か
3 国際社会の現状:なぜ国際協力が求められるのか
4 戦後世界と国際協力
4 南北問題の登場
5 冷戦と国際協力
6 開発協力の本格化
7 深刻化する南北問題
8 相互依存と国際協力
9 開発援助のジレンマ(1)
10 開発援助のジレンマ(2)
11 開発援助のジレンマ(3)
12 経済と開発援助(1) 
13 経済と開発援助(2)
14 経済と開発援助(3)
15 まとめ
評価方法 平常点(課題の提出、講義内での発言など)8割、その他の評価対象(追加で科されるレポート、特別講義への参加など)2割の配点を基本とする。また、評価は相対評価を基本とする。
教科書等 S.J.Tisch & M.B.Wallace, Dilemmas of Development Assistance, Westview, 1994.(必要箇所のコピーを配布する)
担当者プロフィール 国際関係論、特に政府レベルおよび市民レベルの国際協力の問題について研究しています。著書に『国際社会を学ぶ』(共著、晃洋書房)、『国際関係論へのファーストステップ』(共著、法律文化社)、『なぜ核はなくならないのか』(共著、法律文化社)、『マイノリティの国際政治学』(共著、有信堂)、『国際関係論を超えて』(共著、山川出版社)、『アクター発の平和学』(共著、法律文化社)、『現代アジアの変化と連続性』(共著、彩流社)、『世界の眺めかた』(共著、千倉書房)など
備考