科目名 国際政治学
単位数 2.0
担当者 国際学部 講師 古澤 嘉朗
履修時期 前期
履修対象 2年
概要  本講義では、私たちが現在どのような世界に生きているのか、このことについて考えます。その過程で、19世紀末から20世紀初頭にかけて誕生した国際社会、植民地支配を通して世界大に広められることになったウェストファリア体制、冷戦終焉という国際情勢の変化による多様な主体の台頭、そしてグローバリゼーションを巡る議論について学びます。
科目の到達目標 -国際社会と国家の歴史について理解を深める。
-私たちの日常生活がいかに密接に世界各地と関わっているか理解する。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 -関連するニュースを視聴したり,新聞記事等を読んだりする。
講義内容 第1回 イントロダクション
第2回 「グローバル」と「インターナショナル」
第3回 「国際政治」とは
第4回 国際政治学の歴史
第5回 「国際社会」の誕生
第6回 貧困問題と「第三世界」
第7回 「安全保障」の変遷
第8回 NGOと市民社会
第9回 多国籍企業の光と影
第10回 人の移動-グローバルなディアスポラの展開
第11回 国際機関とグローバル・ガバナンス
第12回 保護する責任
第13回 小さな町の国際紛争
第14回 小さな町の国際紛争(グループワーク)
第15回 まとめ
評価方法 平常点30%、課題(レポート)30%、期末試験40%
教科書等 -配布資料を配ります。適宜、文献は紹介します。

-参考書
小笠原高雪・栗栖薫子・広瀬佳一・宮坂直史・森川幸一編(2013)『国際関係・安全保障用語辞典』ミネルヴァ書房

細谷千博・滝田賢治・大芝亮編(2008)『国際政治経済』有信堂
担当者プロフィール 紛争解決論/平和構築論が専門です。地域的には東・西アフリカへ調査に行くことが多いです。著書に『平和構築へのアプローチ』(共著、吉田書店)、『アフリカの紛争解決と平和構築』(共著、昭和堂)、『国際関係・安全保障用語辞典』(共著、ミネルヴァ書房)など。
備考 基本的に講義形式で行います。質問等あれば積極的に聞いてください。