科目名 比較政治学
単位数 2.0
担当者 教授 金栄鎬
履修時期 後期
履修対象 2年
概要 基礎的な政治学とやや専門的な理論・地域研究をつなぐことができるように、比較政治学のいくつかのアイデアと事例を扱います。政治を比較するといっても、複数の対象を丸ごと比較することはできませんし、何に着目するかで観察結果は異なってきます。この講義では、比較政治の基礎的な概念や方法を事例やトピックと往復しながら考えていきます。
科目の到達目標 政治というものごとを比較することに役立つ材料と視点を提供することで、みなさんが、さまざまな地域の現代政治とその変化への興味と関心を高め、自分のまわりの政治・社会・国際問題への認識を深めることができればと思います。
受講要件 率直な質問、意見を歓迎します。
事前・事後学修の内容 適宜、資料を配布しWeb上のデータベースなどを紹介します。共通科目の政治学をはじめ政治学関係の講義を履修したことがある人は、その教科書や参考書を再読しておいてください。また、新聞の関連記事を読む習慣をつけてください。
講義内容 1 イントロダクション:比較という方法
2 国家、国民、権力
3 デモクラシーの諸類型:アメリカ・ヨーロッパ・アジア
4 ポリアーキーと権威主義体制
5 政治体制の移行と定着1:東アジアの民主化
6 政治体制の移行と定着2:移行後の東アジアの政治体制
7 大統領制と議院内閣制:アメリカ・ヨーロッパ・アジア
8 政党と政党システム
9 比較政党政治:日本・韓国・台湾
10 選挙と投票1:制度と行動
11 選挙と投票2:日本・韓国・台湾
12 ネーションとエスニー
13 ナショナル・アイデンティティと政治
14 エスニック・マイノリティと政治
15 日本と韓国の外国人政策
※ 各国政治の動向を見ながら、時々のトピックに差し替える場合があります。
評価方法 講義各回の受講票および期末レポート(または期末試験)。
教科書等 教科書:特に指定しない。
参考書:
有賀弘・阿部斉・斎藤眞『政治:個人と統合 第2版』(東京大学出版会、1994年)
ロバート・A. ダール(高畠通敏訳)『現代政治分析』(岩波テキストブック、1999年;岩波現代文庫、2012年)
ハワード・J. ウィーアルダ(大木啓介訳)『入門 比較政治学:民主化の世界的潮流を解読する』(東信堂、2000年)
片山裕、大西裕編『アジアの政治経済・入門 新版』(有斐閣ブックス、2010年)
佐藤成基編『ナショナリズムとトランスナショナリズム』(法政大学出版局、2009年)
田中宏『在日外国人 第3版』(岩波新書、2013年)
担当者プロフィール 国際関係史(朝鮮半島)Iを参照
備考