科目名 開発政治論Ⅱ
単位数 2.0
担当者 国際学部 准教授 板谷 大世
履修時期 後期
履修対象 3年
概要 ・本講義では、グローバル化の進展とともに、ますます身近になってきている東南アジア諸国の政治を観察します。
・東南アジア諸国は第二次世界大戦後に相次いで独立を達成しましたが、政治的にも経済的にも不安定な状態が続きました。こうした状況下で1960年代に相次いで出現した「開発政治体制」や「開発独裁体制」などと呼ばれる政治体制は、その後の政治を安定させ、これらの国々の経済発展を支えました。しかし、30年以上続いたこの政治体制も冷戦の終結、アジア通貨危機の発生、そしてアメリカにおける同時多発テロなどの国際環境の急激な変動に呼応して急速に変化しています。
・本講義では開発政治体制の解説を出発点として、今日の東南アジア諸国が抱える政治経済的諸問題を理解し、経済的な統合が進んでいくこの地域に対する理解を深めます。
・開発政治論Ⅰでは理論的な考察を行なった上で、インドネシアとフィリピンの戦後の政治を振り返ります。開発政治論Ⅱではその他の国の政治を考察します。
科目の到達目標 ・東南アジア諸国が共通して抱える政治・経済的問題を理解した上で、それぞれの国が個別に抱える政治・経済的問題を理解できるようになる。
受講要件 ・「開発政治論Ⅰ」を受講していることが望ましいです。
事前・事後学修の内容 ・東南アジア諸国の政治、経済、および社会に関するニュース記事をノートなどに整理する。
・講義で配布したプリントの内容をノートなどに整理する。
講義内容 1 開発政治体制とは
2 開発政治体制の出現要因
3 開発政治体制のその後(競争的権威主義、選挙権威主義)
4 マレーシアの開発政治体制とその後の政治体制 (4回)
8 シンガポールの開発政治体制とその後の政治体制 (3回)
11 タイの開発政治体制とその後の政治体制(2回)
13 インドシナ諸国およびミャンマーの動向(2回)
15 期末レポートの作成
評価方法 ・ミニテストなどで評価する授業への取り組み(50%)と、最後の授業での期末レポート作成(50%)により評価します。単位を取得するためには、それぞれにおいて60%以上の評価が必要です。
・評価方法の詳細については、第一回目の講義の際に説明します。
教科書等 教科書は特に定めません。必要な資料は配布します。
参考書
・マハティール『マレー・ジレンマ』勁草書房、1983年
・リー・クアンユー『リー・クアンユー回顧録』日本経済新聞社、2000年
・田村慶子『 シンガポールの基礎知識 (アジアの基礎知識)』めこん、2016年
・柿崎一郎『物語 タイの歴史』中公新書、2007年
・柿崎一郎『タイの基礎知識 (アジアの基礎知識)』めこん、2016年
・末廣昭『タイ 中進国の模索』岩波新書、2009年
・中野亜里(他)『東南アジア現代政治史〔改訂版〕』福村出版、2016年
・広島市立大学国際学部 国際政治・平和フォーラム(編)『世界の眺めかた」千倉書房、2014年など。
担当者プロフィール 東南アジア諸国の政治分析が専門。他の担当科目は「政治学」、「東南アジア研究」など。
備考