科目名 平和研究Ⅰ
単位数 2.0
担当者 講師 竹本真希子(広島平和研究所コーディネーター)、准教授 西田竜也(国際学部コーディネーター)、広島平和研究所研究員
履修時期 前期
履修対象 2年生以上
概要 現代の世界において平和を創造するために何が求められているのかを学問的に追究するために、平和研究に関する基本的な概念や枠組み、方法論を習得するとともに、当分野における問題点、課題などを学ぶ。
広島・長崎をはじめとして戦争体験に根差している地域の視点を主眼に据えつつ、国家から個人に至る様々なレベルから平和を創造するためのアプローチを考察していく。
授業は講義形式で行う。
科目の到達目標 広島平和研究所研究員による多様な平和研究の成果から、平和について自主的に考え、議論するための知識を習得する。
受講要件 特になし。ただし、外国人教員による講義は基本的に英語で行われる。
なお、H&Pの受講にあたっては、平和研究Ⅰの受講(既に単位を取得している場合を含む)が必要となるので、留意すること。
事前・事後学修の内容 国際政治や戦争、平和の問題について広く関心をもち、新聞記事等を読むこと。
資料、最新情報などのサポートを下記ウェブサイトで実施するので、必ず毎週チェックすること。
https://el.edu.ipc.hiroshima-cu.ac.jp/
itsclass/servlet/jp.co.hitachi.gp.itsclass.core.LoginFormServlet(在学生のみ閲覧可)
講義内容 以下の内容を予定。順序・内容等に変更の可能性もあるので、最新情報は上記のウェブサイトを参照のこと。

1.冷戦終結後の紛争(水本和実)
2.宗教・民族・文化と紛争(水本和実)
3.国連と軍縮(福井康人)
4.平和とは何か(人間の安全保障)(吉川元)
5.アメリカの核文化(ロバート・ジェイコブズ)
6.ロシアの安全保障政策と行動原理(湯浅剛)
7.ロシアを取り巻く現代の戦争:ウクライナとシリア(湯浅剛)
8. 東アジアの平和(孫賢鎮)
9. ドイツの平和主義と平和運動(竹本真希子)
10.抵抗運動の歴史(竹本真希子)
11.東京裁判をめぐる諸問題(永井均)
12.日本の戦後補償(直野章子)
13.日本とASEAN(ナラヤナン・ガネサン)
14.憲法9条の歴史(河上暁弘)
15.憲法9条の理論(河上暁弘)
評価方法 期末試験9割、平常点(講義内の受講票による)1割の配分で採点を行う。期末試験では、日本人講師は日本語で出題し、外国人講師は英語で出題する。日本語問題、英語問題、それぞれから問題を選択し、日本語問題は日本語で答え、英語問題は、英語で解答する方式とする(英語問題は出題内容を事前に提示する)。
教科書等 講義内で適宜指示する。
参考文献:広島市立大学広島平和研究所(編)『平和と安全保障を考える事典』(法律文化社、2016年)
担当者プロフィール 授業担当者の経歴・研究内容等については、広島市立大学広島平和研究所ホームページを参照のこと。
http://www.hiroshima-cu.ac.jp/modules/peace_j/index.php
備考