科目名 平和研究Ⅱ
単位数 2.0
担当者 平和研究所 各研究員
平和研究所コーディネーター 准教授 河上 暁弘
国際学部コーディネーター  教授 吉田 晴彦
履修時期 後期
履修対象 2年
概要 平和および紛争研究の具体的な事例について、広島平和研究所各研究員の研究成果を参考にしながら学び、現代の国際社会が直面する課題について考える。
科目の到達目標 広島平和研究所研究員による、多様な平和・紛争等の研究成果を学び、それらを理解することで、平和とは何か、何が自分たちにできるかを考える力を身につけること。
受講要件 特になし。ただし、外国人教員による講義は基本的に英語で行われる(通訳のサポートがある場合もある)。英語で行われる講義については、受講者の利便性を考えて、資料を講義の1週間前を目安に、学内講義支援ウェブサイト「It's Class」で公開することを考えているので、ウェブサイトに公開された場合は、必ず事前に目を通して講義に臨むこと。
事前・事後学修の内容 資料、最新情報などのサポートをIt's Classに掲載するので、必ず毎週チェックすること。
事前に提示される資料(英語による講義の資料など)は必ず事前に読み込んで授業に臨むこと。
事後には、講義の復習のみならず、講義で提示された参考文献なども積極的に読み込むこと。

講義内容 以下の内容を予定している(ホットなテーマを各回とりあげたいと思うので、変更の可能性もある)。最新情報はIt's Classを参照のこと。

1.現代の核をめぐる諸問題
2.生物・化学兵器の諸問題
3.戦後日本政治における「平和」の構造
4.北東アジアの安全保障問題
5.戦争犯罪をめぐる諸問題
6.3度のインドシナ戦争とASEAN:その地域発展への影響
7.米国は冷戦をいかに戦ったか
8.西ドイツの反核運動
9.ドイツの統一と平和運動
10.広島と戦後日本の平和主義
11.ロシア・ユーラシア情勢と国際平和
12.軍縮分野の規範形成
13.原爆体験と戦後日本
14.戦争違法化と戦争廃絶
15.日本国憲法の平和主義と日本政治
評価方法 期末試験9割、平常点(講義内の受講票による)1割の配分で採点を行う。

期末試験については以下の要領で実施の予定。ただし、変更のある場合は事前に講義内及びwebで指示する。

日本人講師は日本語で出題し、外国人講師は英語で出題する。日本語問題、英語問題、それぞれから問題を選択し、日本語問題は日本語で答え、英語問題は、英語で解答する方式とする(英語問題は出題内容を事前に提示する)。
教科書等 講義内で適宜指示または教材プリントを配布する。
担当者プロフィール 担当者の経歴・研究内容等については、広島市立大学広島平和研究所ホームページを参照のこと。
http://www.hiroshima-cu.ac.jp/modules/peace_j/index.php
備考