科目名 国際人権法Ⅰ
単位数 2.0
担当者 教授 太田 育子
履修時期 前期
履修対象 3年
概要  授業形態:講義です。

 国際人権法とは、人権に関する条約や宣言、それらを実施するための国際的・国内的な制度や手続きの体系です。
 国際人権法Ⅰでは、判例やドキュメンタリー番組などを利用しつつ、国連の誕生とともに創設され拡充されてきた国際人権保障のシステムの構成や機能、国際人権規約や人種差別撤廃条約といった普遍的な条約の内容や運用、さらに締約国の国内実施義務などについて検討していきます。
 国際人権法Ⅱと通年で受講することを想定して、講義を行います
科目の到達目標 (1) 国際人権法の基本概念を理解しつつ、各自の人間観を拡げ深めましょう。
(2) 現実と法とのかかわりを検討しつつ、自分自身の実現したい価値と人権規範・制度がどのような関係にあるか、考え始めましょう。

受講要件  
「法学(日本国憲法)」、「平和と人権」、「国際法」を履修していると、講義内容の理解がより深まるでしょう。
事前・事後学修の内容  講義で取り扱う項目に関連のメディア報道を視聴したり、新聞記事等を探し閲覧しましょう。
講義内容 1 イントロダクション
2 国際人権の意味と意義
3 人権保護促進のための国際的取組み
4   同 上
5 国際人権章典
6   同 上
7 グループプレゼン:人身の自由と拷問等の禁止
8 GP:少数者・先住民族の人権
9 GP:女性の権利
10 GP:子どもの権利
11 GP:難民・国内避難民および移民と人権
12 GP:障がい者・病者の権利
13 GP:経済活動と国際人権
14 GP:国際人道法と国際人権
15 GP;平和と人権
評価方法 到達目標: 国際人権法体系の全体像を把握するとともに、「講義のねらい」に沿って、各自が関心分野の基礎知識を習得すること。
評 価: 評 価: 教科書から関心あるトピックを選んでのグループプレゼンテーションと、クラスからの質疑応答を経ての、同トピックに関する個別レポート(2000字以上、参考文献つき、7月31日月曜5時締切)提出により評価します。
 レポートは、①国際人権法体系のなかでの各自の関心分野の位置づけが妥当になされているか(20%)、②各自の関心分野における国際人権法知識は妥当か(30%)、③論述の論理構成は妥当か(30%)、④論述が各自の問題意識を妥当に反映しているか(20%)、の基準で評価します。
教科書等 教科書:横田洋三編『国際人権入門 第2版』(法律文化社、2013年)
参考書:申ヘボン『国際人権法』(信山社、2013年)、広島市大国際政治・平和フォーラム『世界の眺めかた』(千倉書房、2014年)、その他、適宜指示します。
担当者プロフィール 「国際法Ⅰ」プロフィールをご参照ください。
備考