科目名 紛争解決論Ⅱ
単位数 2.0
担当者 国際学部 講師 古澤 嘉朗
履修時期 後期
履修対象 3年
概要 『平和への課題』(1992年)を契機に、「平和構築」という政策用語は主流化しました。平和構築という分野は政策・実務面において議論が深まる一方、他方では「実体のない平和」が築かれているのではないかという批判も近年挙がるようになりました。本講義では、世界各地で展開されている平和構築について理解を深めながら、平和とは何か、この点について考えます。
科目の到達目標 -平和構築に関する体系的な理解を深める。
-平和という言葉の多面性について理解を深める。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 - 関連するニュースを視聴したり,新聞記事等を読んだりする。
講義内容 第1回 イントロダクション
第2回 現代世界の平和構築
第3回 『平和への課題』と平和構築
第4回 平和構築の実務(1): 法整備支援
第5回 平和構築の実務(2): 選挙支援活動
第6回 平和構築の実務(3): DDR/SSR
第7回 文民の保護
第9回 国家建設とVirtual Peace
第10回 平和構築とスポイラー問題
第10回 広島の復興と平和構築(1): 平和構築としての戦後復興の歩み
第11回 広島の復興と平和構築(2): 平和構築としての戦後復興の歩み(グループワーク)
第12回 広島の復興と平和構築(3): 平和モニュメントと復興
第13回 国際社会と脆弱国家
第14回 国際社会と脆弱国家(グループワーク)
第15回 まとめ
評価方法 平常点30%、レポート30%、期末レポート40%
教科書等 -配布資料を配ります。適宜、文献は紹介します。

-参考書
篠田英朗(2013)『平和構築入門』ちくま新書。

藤原帰一・大芝亮・山田哲也編(2011)『平和構築・入門』有斐閣。

John Darby and Roger MacGinty, eds (2008) Contemporary Peacemaking. 2nd ed. Basingstoke: Palgrave Macmillan.
担当者プロフィール 紛争解決論/平和構築論が専門です。地域的には東・西アフリカへ調査に行くことが多いです。著書に『平和構築へのアプローチ』(共著、吉田書店)、『アフリカの紛争解決と平和構築』(共著、昭和堂)、『国際関係・安全保障用語辞典』(共著、ミネルヴァ書房)など。
備考 - 基本的に講義形式で行います。質問等あれば積極的に聞いてください。
-「紛争解決論I」を基礎に講義しますので、受講していることが望ましい。しかし、関心のある人にはIIからの受講も認めます。