科目名 国際関係史(日本)Ⅰ
単位数 2.0
担当者 非常勤講師 寺本 康俊
履修時期 前期
履修対象 3、4年次生
概要 現代や将来の日本の政治外交を考える上で、理解が必要な戦前期の日本の「外交」とその国際関係について説明します。具体的には、戦前から戦中、終戦期に於ける日本の外交政策を中心に、日韓、日中、日米、日露(ソ)関係などを、資料等に基づきながら、検討します。「歴史」と「現代」を関連させて考察します。
科目の到達目標 戦前期の日本外交とそれを取り巻く国際関係の歴史を学び、現代と将来の日本の進むべき方向を客観的、多角的、そして国際的に思考できるようにします。歴史科学的な分析能力と社会科学的な思考能力を培うことが目標です。
受講要件 後期に開講する戦後期の日本外交を対象とする「国際関係史(日本)Ⅱ」も、受講することが望ましいです。そうすると、戦前、戦後、現代までの日本外交の共通性、相違点や国際環境の変容などがよく理解できます。
事前・事後学修の内容 講義内容の各項目について、事前に参考図書や関係図書を用いて予習し、事後には授業内容を復習して、知識を定着させ、思考を深めてください。
講義内容 1. イントロダクション
2.「外交」と日本の外交政策(1)
3.「外交」と日本の外交政策(2)  
4. 日本の大陸政策(1) 
5. 日本の大陸政策(2)
6. 日英同盟、日露戦争と国際政治(1)
7. 日英同盟、日露戦争と国際政治(2)
8. ワシントン体制の形成と崩壊(1)
9. ワシントン体制の形成と崩壊(2)
10. 日中戦争と日本外交(1)
11. 日中戦争と日本外交(2)
12. 日米戦争と日本外交(1)
13. 日米戦争と日本外交(2)
14. 終戦期の日本外交(1)
15. 終戦期の日本外交(2)
16. 期末試験
評価方法 期末試験80%、レポート10%、平常点10%によって、総合評価します。
教科書等 最初の授業で詳しい説明を行います。毎回、資料を配布します。
参考書:五百旗頭真編『日米関係史』有斐閣、2015年
担当者プロフィール
備考