科目名 国際関係史(朝鮮半島)Ⅰ
単位数 2.0
担当者 教授 金栄鎬
履修時期 前期
履修対象 3年
概要 第2次大戦後の朝鮮半島の国際関係について学びます。冷戦、デタント、新冷戦、冷戦後などの画期ごとの変化と連続に焦点を当てています。主な事項は、朝鮮半島と米国・中国・日本との関係ですが、近年では多国間協力や3国間関係なども重要です。全体を通して、異なる地域や国から見たときに、国際関係がどのように見えてくるかを考えます。
科目の到達目標 朝鮮半島や日本をとりまく国際環境の特徴とその変化を把握し、日々の国際問題ニュースなどを批判的に読み解く(つまり、鵜呑みにしない、踏みとどまって考え直す)思考力を刺激することができればと思います。
受講要件 率直な質問や意見を歓迎します。
事前・事後学修の内容 シラバスや講義で紹介する参考文献に意欲的に取り組んでください。また、新聞を読み比べてください。
講義内容 1 イントロダクション
2 脱植民地化と国家分断
3 内戦・戦争・冷戦
4 日韓会談・日韓条約
5 ベトナム戦争と韓国
6 デタントと朝鮮半島
7 新冷戦下の朝鮮半島と日本
8 冷戦終結と朝鮮半島
9 朝鮮半島と中国・ロシア
10 南北朝鮮の和解協力
11 日本と朝鮮半島の領土問題
12 核開発・ミサイル問題
13 朝鮮半島から見たヒロシマ
14 日韓関係と歴史問題
15 東アジアの地域協力
※ 時々のトピックや招請講師の特別授業などに差し替える場合があります。
評価方法 講義各回の受講票および期末レポート(または期末試験)による。
教科書等 教科書:
拙稿「韓国からみた原爆投下とヒロシマ」、広島市立大学国際学部国際政治・平和フォーラム編『世界の眺めかた:理論と地域からみる国際関係』(千倉書房、2014年)
参考書:
D.オーバードーファー(菱木一美訳)『二つのコリア 第3版』(共同通信社、2015年)
林東源(波佐場清訳)『南北首脳会談への道』(岩波書店、2008年)
趙世瑛『日韓外交史 対立と協力の50年』(平凡社新書、2015年)
河原昌一郎『民主化後の台湾』(彩流社、2016年)
琉球新報社他『沖縄の自己決定権』(高文研、2015年)。
前田朗他『「慰安婦」問題の現在』(三一書房、2016年)
伊藤正子『戦争記憶の政治学』(平凡社、2013年)
担当者プロフィール 専攻は、政治学・国際関係、現代韓国朝鮮研究。南北朝鮮関係、日韓関係、分裂国家ナショナリズムなどを研究している。著書に、『日韓関係と韓国の対日行動』(彩流社、2008年)、論文に「韓国の政権交代と対日政策」(国際政治、2014年)、「南北朝鮮関係と中国・台湾関係」(広島国際研究、2009年)など。
備考