科目名 国際関係史(ロシア)Ⅰ
単位数 2.0
担当者 講師 斎藤祥平
履修時期 前期
履修対象 3年
概要 日露関係および東アジア政策を軸に、帝政ロシア、ソ連、現代ロシアの国際関係の通史を講義する。その際、アメリカ、ヨーロッパ、東欧、中央アジアといった要因にも目を配り、比較の視点を取り入れる。また、現在の日露関係の問題点と課題を捉えるために、両国の歴史認識や相互イメージについて扱い、国際関係を多角的な側面から分析する手法を紹介する。
科目の到達目標 複雑な国際関係を歴史の流れに沿って巨視的に理解することも重要だが、例えば大国間の外交における周辺国や、外交官、戦争捕虜・難民、抑留者、亡命者、スパイが果たした役割(ゾルゲ事件)など、国家や地域の間で媒介の役割を果たしていた存在にも着目することで、歴史の具体像に迫るための微視的な視点を養う。適宜、映画やドキュメンタリーを鑑賞し、理解や関心を深める。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 ロシア(とその周辺地域)や日露関係についての新聞記事・ニュースをチェックしてください。
講義内容 1. 導入 ロシアとヨーロッパ、アジア
2. 日露関係の創始 人的交流と相互イメージ
3. 東アジアにおける日露の衝突:日露戦争
4. ロシア革命をめぐる国際関係
5. 両大戦間期におけるソ連の国際関係(1)概説
6. 両大戦間期におけるソ連の国際関係(2)日独ソ関係を中心に
7. 映画・ドキュメンタリー鑑賞(ゾルゲ事件)
8. 戦後における残留ロシア人等の問題
9. 冷戦のはじまりと東欧諸国:プロパガンダとソ連研究
10. 冷戦のはじまりと日ソ関係:シベリア抑留
11. 冷戦期の米ソ関係と中ソ関係の一断面
12. 現代ロシアの対外政策(1) 対米、対欧州関係
13. 現代ロシアの対外政策(2) アジア諸国との関係
14. 日露関係について考える
15. まとめと最終レポートについて
評価方法 平常点・受講票(30%)、授業中に扱う映画等への感想文(20%)、最終レポート(50%)
教科書等 参考文献は授業中に紹介します。また、必要に応じて参考文献からの抜粋や資料を配布します。
担当者プロフィール 日本学術振興会特別研究員および海外特別研究員、ルートヴィヒ・マクシミリアン・ミュンヘン大学(ドイツ)東欧・南東欧研究所ロシア・アジア研究科客員研究員を経て現職。その他、モスクワ大学外国語・地域研究学部、および哲学部、マサリク大学(チェコ共和国)歴史学部に留学。専門はロシア史、特に1920年代以降の在外ロシア人の歴史、独露関係、ロシア・ナショナリズムを研究しています。
備考