科目名 国際関係史(ロシア)Ⅱ
単位数 2.0
担当者 講師 斎藤祥平
履修時期 後期
履修対象 3年
概要 ロシア帝政期以降のロシアの歴史と社会の諸問題をテーマ別に扱う。特に、多民族性という問題は現代ロシアにとっても課題であり続けている。多種多様な民族内包しながら、東と西双方の諸国家と関係を持ってきたとロシアの内政と国際関係について、歴史的・社会的視点から理念と実態の双方を扱う。
科目の到達目標 Iの通史的アプローチに対し、IIは問題別アプローチである。ロシア帝国やソ連の民族政策とそれに関連する諸問題を主に取り上げる。ロシア・ソ連史、西洋史、東洋史の垣根をこえて共有される問題群について、ドキュメンタリー映像等を鑑賞しながら理解を深めることを目指す。また、こうした問題群が現代ロシアにおいてどのように反映されているのか、日本にとってどのような意味を持つのか、自分の意見を述べることことを目標とする。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 ロシア(とその周辺地域)や日露関係についての新聞記事・ニュースをチェックしてください。また、テーマごとに参考文献を紹介するので、各自が関心を持つ事柄について調べ、最終レポートの作成に備えてください。
講義内容 歴史
1. 導入(ロシアの諸問題についての概要)
2. ロシア帝国の民族政策(1)
3. ロシア帝国の民族政策(2)
4. ソ連の民族政策(1)
5. ソ連の民族政策(2)
6. オーラルヒストリーから浮かび上がる民族と国際関係
7. 中間報告(ロシア・ソ連の民族を一つ選び、調査)

現代
8. ソ連解体と民族・人口問題
9. 現代ロシアの社会問題
10. ウクライナ問題とは何か(歴史と現在)
11. ロシアとイスラーム(歴史と現在)
12. 現代ロシア・ナショナリズム(1)
13. 現代ロシア・ナショナリズム(2)ドキュメンタリー鑑賞
14. プーチンの国家戦略
15. まとめと最終レポートについて
評価方法 平常点・受講票(30%)、授業中に鑑賞するドキュメンタリーについての感想文(10%)、研究報告/最終レポート(60%)詳しくは初回の授業で説明します。
教科書等 参考文献は授業中に紹介します。また、必要に応じて参考文献からの抜粋や資料を配布します。
担当者プロフィール 大学で西洋史学、ロシア政治・国際関係史、大学院でスラヴ・ユーラシア地域研究を専攻。モスクワ大学外国語・地域研究学部、および哲学部、マサリク大学(チェコ共和国)歴史学部に留学。日本学術振興会特別研究員および海外特別研究員、ルートヴィヒ・マクシミリアン・ミュンヘン大学(ドイツ)東欧・南東欧研究所ロシア・アジア研究科客員研究員を経て現職。専門はロシア史、特に1920年代以降の在外ロシア人の歴史、独露関係、ロシア・ナショナリズムを研究しています。
備考