科目名 ロシア研究
単位数 2.0
担当者 講師 斎藤祥平
履修時期 後期
履修対象 2年
概要 ロシアはヨーロッパとアジア双方と関わりながら、その歴史、文化、アイデンティティを形成してきた。この講義では、そうした(1)ロシアの歴史、(2)ロシアの芸術などの文化、(3)ロシアのアイデンティティの問題、(4)現代ロシアとその行方について講義する。
科目の到達目標 ロシアの歴史、文化、政治の特徴について、特にそのヨーロッパとアジア双方との関係について総合的に理解を深め、各自が関心を持ったテーマについて簡単な論述ができるようになること。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 講義の中で参考文献等を紹介するので、自分が関心を持った事柄について調べ、小レポートの執筆に備えてください。
講義内容 1. 基本① 導入 ロシアという国:基本的な情報
2. 基本② 概説 過去から現代までのロシア
3. 歴史① ロシア国家の形成:東西文化の衝突と融合
4. 歴史② ロシア帝国史の諸論点
5. 歴史③ 日露関係史の諸論点
6. 歴史④ ソ連史の諸論点
7. 歴史⑤ 在外ロシア:もうひとつのロシア
8. 文化・アイデンティティ① ロシアの芸術
9. 文化・アイデンティティ② ロシアの思想
10. 文化・アイデンティティ③ ロシアの東洋学と日本学
11. 文化・アイデンティティ④ ロシアの中のイスラーム
12. 現代① ソ連解体と現代ロシアの諸問題
13. 現代② 現代ロシアの外交
14. 現代③ ロシアはどこへ?
15. まとめと小レポートについて
評価方法 平常点・受講票の提出(30%)、授業中に鑑賞する映画等への感想文(20%)、最終小レポート(50%)
教科書等 参考文献は授業中に紹介します。また、必要に応じて参考文献からの抜粋や資料を配布します。
担当者プロフィール 日本学術振興会特別研究員および海外特別研究員、ルートヴィヒ・マクシミリアン・ミュンヘン大学(ドイツ)東欧・南東欧研究所ロシア・アジア研究科客員研究員を経て現職。その他、モスクワ大学外国語・地域研究学部、および哲学部、マサリク大学(チェコ共和国)歴史学部に留学。専門はロシア史、特に1920年代以降の在外ロシア人の歴史、独露関係、ロシア・ナショナリズムを研究しています。
備考