科目名 東南アジア研究
単位数 2.0
担当者 国際学部 准教授 板谷 大世
履修時期 後期
履修対象 2年
概要 ・世界最大のムスリム人口を抱えるインドネシア、敬虔な仏教徒の国家であるタイ、ヒンズー教徒が多数を占めるバリ島、カトリック教徒が8割を占めるフィリピン、このように宗教だけを見ても東南アジアは多様性に富んでいます。また経済的に見ても、ミャンマーやカンボジアなどと、ブルネイやシンガポールとの間には、100倍近い経済的な格差もあります。政治的にも、独立以来、議会制民主主義を大切にしてきた国もあれば、20年近く国会が停止されていた国もあります。
・こうした多様性をもって、東南アジアは政治経済的に「東西対立と南北問題の接点」であり、文化的には「文化の十字路」に位置している、ともいわれます。こうした、政治・経済・文化の面において多様性をもつ東南アジア地域を理解するための、最初の一歩として本講義は位置づけられています。写真やビデオなども活用しながら、東南アジアを身近に感じるように講義を進めます。
科目の到達目標 ・東南アジアは非常に多様な性格をもった国々からなる地域であることを理解すると同時に、多様性の中にある共通性についても理解できるようになる。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 ・東南アジア諸国の政治、経済、および社会に関するニュース記事をノートなどに整理する。
・講義で配布したプリントの内容をノートなどに整理する。
講義内容 ・講義ではまず最初に、東南アジアを地域として理解することから始めます。東南アジアに位置する国家の認識だけを深めても、東南アジアの全体像を理解することは難しいからです。植民地としての歴史、民族問題、中国との関係、日本の軍事侵攻、ASEANを中心とする国際関係など、東南アジアを地域として理解するために不可欠な要素の解説から講義をスタートさせます。
・東南アジアの地域的特徴を理解した上で、教科書を利用しながら国家レベルでの理解を深めます。

1 東南アジアとは
2 東南アジアと日本
3 東南アジアと植民地支配、そして独立運動
4 東南アジアと中国
5 インドネシアについて
6 マレーシアについて
7 シンガポールについて(2回)
9 フィリピンについて
10 タイについて
11 ミャンマーについて
12 冷戦とベトナム戦争
13 ベトナム、カンボジア・ラオスについて(2回)
15 期末レポートの作成
評価方法 ・ミニテストなどで評価する授業への取り組み(50%)と、最後の授業での期末レポート作成(50%)により評価します。単位を取得するためには、それぞれにおいて60%以上の評価が必要です。
・評価方法の詳細については、第一回目の講義の際に説明します。
教科書等 ・教科書:清水一史、田村慶子、横山豪志(編著)、『東南アジア現代政治入門』ミネルヴァ書房、2011年。
・参考書などは授業中に紹介します。
担当者プロフィール 東南アジア諸国の政治分析が専門。他の担当科目は「開発政治論」、「東南アジア研究」など。
備考