科目名 ミクロ経済学Ⅱ
単位数 2.0
担当者 国際学部 准教授 山根 史博
履修時期 前期
履修対象 2年次
概要 経済学は世の中の様々な現象を分析するための道具です。物を買うとき、進路を決めるとき、なぜ我々はそのような選択をするのか?なぜ、環境問題や交通渋滞などの社会現象が起きるのか?政策にはどのような効果(失敗)があるのか?この講義ではこれらの具体例をいくつも挙げ、1つ1つを「経済学的な考え方」で読み解いていきます。また、その中で、経済学の基本原則、適用範囲の広さ・限界、長所・短所について解説します。
科目の到達目標 受講生が、「経済学的な考え方」で人々の選択や社会現象、政策効果のメカニズムを分析し、より良い選択とは何か、望ましくない現象を解決するためにはどうすべきか、などの対策を提案できるようになることを目指します。
受講要件 ミクロ経済学Ⅰを受講済みであることが望ましいです。
事前・事後学修の内容 分からないことがあれば、すぐに質問してください。
講義はボール・へインの『経済学入門:経済学的な考え方』に基づいて進めていきますが、毎回レジュメを配布するので、本を購入する必要はありません。ただし、下記の参考書は講義への理解を大いに助けてくれるはずですので、購入をお勧めします。
講義内容 第1回:ガイダンス
第2回:ミクロ経済学Iのおさらい
第3回:利潤
第4回:不確実性
第5回:所得配分
第6回:中間テスト①
第7回:外部費用の発生メカニズム
第8回:外部費用への対策:直接規制
第9回:外部費用への対策:ピグ―税・補助金
第10回:外部費用への対策:直接交渉、取引市場の構築
第11回:中間テスト②
第12回:市場と政府
第13回:貨幣の供給
第14回:金融政策と財政政策
第15回:経済システムの総合的な成果
評価方法 平常点30点、中間テスト30点、期末テスト40点で評価します。
教科書等 教科書:なし
参考書:グレゴリー・マンキュー著『マンキュー経済学Iミクロ編(第3版)』東洋経済新報社 2013年
担当者プロフィール 専門:環境経済学、計量経済学、リスク認知学など。
学位:京都大学博士(地球環境学)
備考