科目名 マクロ経済学Ⅰ
単位数 2.0
担当者 国際学部准教授 高橋広雅
履修時期 後期
履修対象 1年
概要 授業形態は講義です。マクロ経済学は、1国全体、あるいは国と国の間においてどのような仕組みで経済が成り立っているかを分析する分野です。
マクロ経済学Ⅰでは、経済学の基本的な考え方を学んだ後、マクロ経済学に登場する用語、概念について勉強します。
具体的には、GDP、資本市場、貨幣の概念、国と国の取引を中心に講義を進めます。
科目の到達目標 1.市場と価格の役割を理解する。
2.GDP、資本市場、貨幣、国際経済についての基本的な考え方を理解する。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 授業後は、授業内容を復習し分からないことがあればすぐに質問する。
授業に関係する情報を常に収集する。
講義内容 1.ガイダンス
2.経済学と何か?
3.市場と価格(定義)
4.市場と価格(機能)
5.市場の失敗と政府の役割
6.マクロ経済学とは何か?
7.国民経済計算(定義)
8.国民経済計算(注意点)
9.資本市場(基本事項)
10.資本市場(機能)
11.貨幣・銀行制度・金融政策(定義)
12.貨幣・銀行制度・金融政策(物価変動)
13.国際経済(国際取引)
14.国際経済(比較優位)
15.国際経済(外国為替)
評価方法 出席状況、レポートの提出、試験の結果を総合して評価します。
教科書等 教科書:特定のテキストは使用しません。
参考書:
北坂真一『マクロ経済学・ベーシック』有斐閣、2003年
武隈慎一『マクロ経済学の基礎理論』新世社、1998年
中谷巌『入門マクロ経済学』日本評論社、2000年
担当者プロフィール 専攻:マクロ経済学、経済成長論、経済政策論
備考