科目名 マクロ経済学Ⅱ
単位数 2.0
担当者 国際学部准教授 高橋 広雅
履修時期 前期
履修対象 2年
概要 授業形態は講義です。マクロ経済学は、GDPや失業率、物価水準、利子率といった経済変数の間にどのような関係があるかを分析し、それを経済政策のために役立てようとする学問です。
マクロ経済学IIでは、ケインズ経済学の基本モデルと新古典派の経済成長理論を中心に学びます。
科目の到達目標 1.ケインズ経済学の仮定と問題点を理解する。
2.経済成長理論を理解し、その問題点を知る。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 分からないところが出てきたらすぐに質問してください。
講義内容 1.ガイダンス
2.イントロダクション1:GDPの復習
3.イントロダクション2:マクロ経済学とは何か
4.IS-LMモデル(基本事項)
5.IS-LMモデル(財政政策)
6.IS-LMモデル(金融政策)
7.AD-ASモデル(基本事項)
8.AD-ASモデル(財政政策)
9.AD-ASモデル(金融政策)
10.リカードの中立命題(基本事項)
11.リカードの中立命題(応用)
12.新古典派成長論(成長理論の基礎)
13.新古典派成長論(新古典派の生産関数)
14.新古典派成長論(ソロー・モデル)
15.新古典派成長論(技術進歩)
評価方法 課題の提出により評価する。
教科書等 講義ノートを配布します。
担当者プロフィール 専攻:マクロ経済学、経済成長論、経済政策論
備考