科目名 財政学Ⅰ
単位数 2.0
担当者 教授 寺田 英子
履修時期 前期
履修対象 2年
概要  この講義では,経済学の視点からみた公共政策の役割とその限界について学びます.
対象となるのは,政府や公的企業と呼ばれる企業などで,これらは公共部門と呼ばれています.公共部門は,企業や家計が取り組むことができない活動を行なっています.なぜ公共部門が必要なのか,それはどのような場合にうまく機能するのか,うまく機能しない理由は何かを学びます.
 経済学の概念としては,「市場の失敗」と呼ばれる現象を起こす外部性,公共財,および独占企業の行動と政府規制に関する基礎的な知識を学びます.
科目の到達目標  私たちの身近に起こっている社会問題をとりあげて,ミクロ経済学,公共選択の理論を使ってどのように考えることができるのか学びます.経済学らしい考え方になじんでください.
 道路、ダム、公共施設等について、建設前にはその有用性が高く評価されたにもかかわらず、建設後にムダな事業だったと批判されることがよくあります.公共政策を実施するときには、限られた予算を効果的に使うために、事前の評価と事後のモニタリングが政策決定の基礎として完備される必要があります.そのような評価に用いられるのが費用・便益分析です.この講義の後半では費用・便益分析の基礎的な考え方を学びます.
受講要件  特にありません.
事前・事後学修の内容 ・講義終了後は、教科書等を参照してノートを整理して下さい.
・内容が分り辛い難いときは、教科書を参照してください.井堀利宏、『公共経済学』、新世社、1998年
 グレゴリー・マンキュー著『マンキュー経済学 Iミクロ編』東洋経済新報社、2013年.
・費用便益分析の教科書は、「教科書」にある翻訳書を参照してください.ただし、日本語訳は間違いが多いので、お薦めしません.
・メールによる質問も受け付けます.個別に説明が必要な場合には,メールで予約を申し込んで下さい.
 メールアドレスは以下のとおりです.narita@intl.hiroshima-cu.ac.jp

 
講義内容 第1回  市場と政府の役割について
第2回  公共経済学的な考え方とは
第3回  投票;中位投票者モデルについて
第4回  投票;投票のパラドックスについて
第5回  合理的な政策選択について
第6回  第1回 クイズ(第2回から第5回の講義内容について)と重要な概念の解説
第7回  市場の失敗と政府の政策介入
第8回  地域的公共財(クラブ財)の最適供給
第9回  市場需要曲線、市場供給曲線、および市場均衡
第10回 自然独占市場、競争市場の比較
第11回  第2回 クイズ(第7回から第10回の講義内容が出題範囲)と重要な概念の解説
第12回  効率性を測る枠組みとしての費用便益分析
第13回  公共支出の評価について;費用便益分析(1)
第14回 公共支出の評価について;費用便益分析(2)
第15回  公共事業の事後評価システムについて
第15回講義終了後、8月上旬に第3回 クイズ(第12回から第14回の講義内容が出題範囲)を実施します。

評価方法 ・学期中にクイズ(小テスト)を3回予定しています(80%).ノート・講義中の配布資料持ち込みで実施します.ク イズ実施の予定は「講義内容」に書いたとおりです.2週間前にアナウンスをします.
・クイズの結果と受講票(20%)で成績評価をします.受講票には講義のなかで質問したことへの回答を書いてもらい ます.
・クイズの目的は講義で説明した重要な概念が理解できたかどうかを確認することです.クイズ終了後に解答例を配り, 解説をします.
・全体的な理解にやや難がある場合には、講義内容を再解説するので、予定していた講義内容と一致しないことがあり  ます.
・出席回数の要件については学生ハンドブックに規定されているとおりです.
教科書等 教科書:井堀利宏、『公共経済学』、新世社、1998年
グレゴリー・マンキュー著『マンキュー経済学 Iミクロ編』東洋経済新報社,2013年.
J. B. Stevens, The Economics of Collective Chice, Westview Press, 1993.
Boardman, A., D. Greenberg, A. Vining, and D. Weimer, Cost-Benefit Analysis, Prentice Hall, 2010.(岸本光永監訳、出口亨、小滝日出彦、阿部俊彦訳『費用・便益分析』ピアソン・エジュケーション、2004年)


担当者プロフィール
備考