科目名 財政学Ⅱ
単位数 2.0
担当者 教授 寺田 英子
履修時期 後期
履修対象 2年
概要  この講義では様々なタイプの環境問題を経済学の視点から考えます.
 前期の「財政学I」で学んだ市場の失敗と政府の政策介入に関する基礎的な知識をこの講義でも使います.
 政府、自治体、企業や市民が環境問題に対処する方法はいろいろあります.この講義では,経済学の立場からみてこれ らの主体の行動が合理的なものかどうかを考えます.
科目の到達目標  この講義の到達目標は、ミクロ経済学で用いられる資源配分上の効率性の考え方を身近な環境問題にあてはめ、経済学 的な考え方の特徴を理解することです.
 ここでの効率性の概念とは、社会の資源配分の仕方に関わるものです.できるだけ具体的に問題を考えることができる ように、事例をもとにミクロ経済学的な考え方を説明します.これまでに扱った事例は、国内と海外の都市の交通渋  滞,景観の保存,枯渇資源の維持などです.
受講要件  とくにありません.前期の「財政学I」を履修していなくても受講できます.
事前・事後学修の内容 ・講義後にノートを整理して下さい.分り難い部分は、教科書の栗山浩一、馬奈木俊介『環境経済学をつかむ』有斐 
 閣、2008年を参照して下さい.
・メールによる質問を受け付けています.個別に再解説が必要な場合には,メールで予約を申し込んで下さい.
・メールアドレスは以下のとおりです.narita@intl.hiroshima-cu.ac.jp

 
講義内容 第1回  環境問題を経済学の立場から考える
第2回  環境の価値について;支払意思額
第3回  環境の価値について;受入受容額
第4回  需要曲線と消費者余剰について
第5回  環境評価手法:トラベルコスト法
第6回  第1回クイズ(第2回から第5回の講義内容から出題)と重要な概念の解説
第7回  財の性質:公共財とは何か
第8回  環境評価手法:仮想評価法(CVM)について
第9回  外部性が存在するときの経済学的な対処法;ピグー税の概念と事例
第10回  市場を使った汚染の削減方法;排出権市場はどのように機能するのか(第2回クイズ、Take-Home Exam)
第11回  第2回クイズの解説と参考文献の解説
第12回  排出権市場の機能、外部性の存在と社会問題化
第13回  外部性の内部化について;コース定理と自発的交渉、取引費用の存在
第14回  財産権の要件、機能について
第15回  自発的交渉で外部性の問題を解決できるのか
第15回講義終了後、2月上旬に第3回クイズ(第12回から第15回の講義内容から出題)を予定しています.

評価方法 ・学期中にクイズ(小テスト)を3回、ノート持ち込みで実施します.クイズ実施の予定は「講義内容」に書いたとおり ですが、履修者の理解度をみて実施したいので2週間前にアナウンスをします.
・クイズの結果で成績評価をします.
・クイズの目的は講義で説明した重要な概念が理解できたかどうかを確認することです.クイズ終了後に、解答と解説を します.
・全体的な理解にやや難がある場合には、講義内容を再解説するので、予定していた講義内容とずれが生じることがあり ます.
・出席回数の要件については学生ハンドブックに規定されているとおりです.
教科書等 教科書:井堀利宏『公共経済学』新世社、1998年
    栗山浩一、馬奈木俊介『環境経済学をつかむ』有斐閣、2008年
    栗山浩一、柘植隆宏、庄子 康 『初心者のための環境評価入門』勁草書房、2013年
    肥田野 登『環境と行政の経済評価―CVM(仮想市場法)マニュアル 』勁草書房、1999年    
参考書:Miller, R. L., Benjamin D. K., and North D. C., The Economics of Public Issues,   
    12th Edition, Addison Wesley Longman, 2001.
その他の関連資料は必要に応じて講義中に配布します.
担当者プロフィール
備考