科目名 金融論
単位数 2.0
担当者 高久 賢也
履修時期 後期
履修対象 2年生
概要  金融とは、お金の融通(やりとり)であり、その基本はお金の貸し借りである。お金の貸し借りにおいて、お金に余裕がある主体(資金余剰主体)からお金が不足している主体(資金不足主体)へ資金が流れることになる。金融の大きな役割は、資金余剰主体から資金不足主体へのお金の流れを円滑にすることにある。もし金融の仕組みが存在しなければ、我々は(経済活動において)必要な資金を円滑に調達できないことになり、経済活動が停滞してしまうだろう。そのため、経済活動において金融の仕組みは必要不可欠であり、その仕組みについて学ぶことは極めて重要であると言える。
 本講義では、金融の基本について解説するとともに、現実に起こっている金融の諸問題についても(新聞記事やデータなどに基づいて)解説を行う。
科目の到達目標  本講義で修得する金融の基本的な知識に基づいて、(金融関連の)新聞記事や専門文献を理解し、自らの力で金融に関する諸問題について考えることができるようになることを目標とする。本講義は、国際金融論を学ぶための基礎としての位置付けもある。
受講要件  ミクロ経済学やマクロ経済学の講義を履修しているとより理解が深まる。
事前・事後学修の内容  単位修得のためには、講義内容の復習を十分に行う必要がある。
講義内容 1. 講義の概略、および導入
2. 金融の基礎(直接金融と間接金融)
3. 貨幣と決済システム
4. 企業と政府のファイナンス
5. 日本の金融機関
6. 日本の金融市場
7, 債券市場と金利
8. 株式市場と株価
9. 中間試験
10. デリバティブ
11. 金融規制
12. 金融危機
13. 貨幣とインフレ
14. 金融政策①(金融政策の手段)
15. 金融政策②(日本の金融政策)
評価方法  課題の点数(20点)、中間試験の点数(30点)、および期末試験の点数(50点)の合計(100点)で評価する。
教科書等 教科書は特に指定しないが、以下の文献を参考にしながら講義を行う。
・岩田規久男著 『初歩から学ぶ金融の仕組み』 左右社 2010年
・谷内満著 『入門 金融の現実と理論 第2版』 同友館 2013年
その他の参考文献については、講義中に適宜紹介する。
担当者プロフィール 専門分野:国際金融論、国際マクロ経済学
備考