科目名 経済政策論Ⅰ
単位数 2.0
担当者 准教授 高橋 広雅
履修時期 前期
履修対象 2年
概要 授業形態は講義です。ゲーム理論の基本的な考え方を学ぶことをとおして、人と人との相互依存関係が社会にどのような状況をもたらすか考える。
科目の到達目標 1.戦略形ゲームのナッシュ均衡を理解する。
2.展開形ゲームの部分ゲーム完全均衡を理解する。
3.ゲーム理論の観点から社会のありようを考える。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 授業後は、授業内容を復習し分からないことがあればすぐに質問する。
授業に関係する情報を常に収集する。
講義内容 1.ガイダンス
2.ゲーム理論とは何か
3.ゲーム理論の基礎
4.戦略形ゲーム(定義)
5.戦略形ゲーム(応用)
6.展開形ゲーム(定義)
7.展開形ゲーム(応用)
8.コミットメント
9.インセンティブ契約
10.交渉ゲーム
11.囚人のジレンマ
12.モラルハザード(基本)
13.モラルハザード(応用)
14.逆選択(基本)
15.逆選択(応用)
評価方法 出席状況とレポートの提出で評価します。
教科書等 渡辺隆裕『図解雑学 ゲーム理論』ナツメ社
担当者プロフィール 専攻:マクロ経済学、経済成長論、経済政策論
備考