科目名 交通論
単位数 2.0
担当者 教授 寺田 英子
履修時期 前期
履修対象 2年
概要  私たちが毎日のように利用する交通サービスは,普通のモノやサービスとはどこかが違います.それらは生鮮食品のように,日によって値段が変わるということがありません.また,交通サービスを供給する鉄道会社,バス会社などの事業者の数はあまり変化しません.どうしてこのような特色があるかといえば,それは交通サービスが政府の公的介入(国土交通省による様々な規制)を受けているためです.
 この講義では,ミクロ経済学を交通分野に応用して考えてみます.なぜ交通サービスに政府の規制が必要なのか,なぜ運賃が規制されるのか,交通産業への新規参入者はどのような行動をするのか,経済学の視点で学びます. 
科目の到達目標  この講義では,ミクロ経済学の立場から,なぜ交通サービスについて政府の規制が必要なのか,なぜ運賃が規制され, 交通事業への新規参入が制限されるのかを考えます.
 判断の基準はミクロ経済学の世界で用いられる資源配分上の効率性です.地域の公共交通問題をとりあげ,この概念を あてはめて考えてみましょう.
受講要件  受講要件は特にありません。
 この講義では,受講者に公共交通サービスについて関心を持ってもらうために,国内・海外で取材した事例を紹介しま す.都市や交通サービスに関心がある人にお薦めの講義です.
 この講義に関連する科目は「財政学I」および「財政学II」です.
事前・事後学修の内容  講義終了後に教科書等を参照してノート整理をして下さい.
講義内容 第1回 交通政策の目的とは何か
第2回 完全競争市場と資源配分について
第3回 市場の失敗とは何か(1):概念の説明
第4回 市場の失敗とは何か(2):交通の分野で生じる現象
第5回 交通企業の行動について
第6回 第1回クイズ(第2回から第5回の講義内容から出題)と重要な概念の解説
第7回 なぜバスの運賃は分かりにくいのか(前半)
第8回 なぜバスの運賃は分かりにくいのか(後半)
第9回 都会の交通問題:混雑料金とは何か
第10回 地方の交通問題:過疎地の公共交通の維持
第11回 第2回クイズ(第7回から第10回の講義内容から出題)と重要な概念の解説
第12回 交通プロジェクト評価はなぜ必要なのか
第13回 費用便益分析の基本的な考え方について
第14回 社会資本整備と費用便益分析
第15回 公共投資の事後評価システムについて
第15回講義終了後、8月上旬に第3回クイズ(第12回から第14回の講義内容から出題)を実施する予定です。

評価方法 ・学期中にクイズ(小テスト)を3回、ノート持ち込みで実施します.クイズ実施の予定は「講義内容」に書いたとおり です.クイズ実施の2週間前にアナウンスをします.
・クイズ(80%),講義のときの受講票(講義中の質問への回答,20%)により成績を評価します.
・クイズの目的は講義で説明した重要な概念が理解できたかどうかを確認することです.終了後に、解答と解説をしま 
 す.
・全体的な理解にやや難がある場合には、講義内容を再解説するので、予定していた講義内容とずれが生じることがあり
 ます.
・出席回数の要件については学生便覧に規定されているとおりです.
教科書等 第2回以降の講義で必要に応じて資料のコピー等を配布します.
竹内健蔵、『交通経済学入門』、有斐閣ブックス、2008年
山内弘隆、竹内健蔵、『交通経済学』 有斐閣アルマ、2002年
山田浩之、徳田一幸、『地域経済学入門 新版』 有斐閣コンパクト、2007年


担当者プロフィール
備考