科目名 現代日本経済論
単位数 2.0
担当者 非常勤講師 富永憲生
履修時期 後期
履修対象 2年
概要 講義の前半で1955年頃から現代までの日本経済の変遷過程を高度成長期・石油ショック・石油ショック後の中成長の時代・バブル期・バブル後の低迷期に分けて講義する。後半では財政・金融・国際経済・人口減少問題等の視点から現在日本が抱えている諸問題を検討します。
科目の到達目標 現在の日本が抱えている経済に関する諸問題を理解し、自分なりに考える視点を持てるようになることが本講義の目標です。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 現代日本は長く続く経済停滞、少子高齢化、膨大な財政赤字など多くの深刻な問題を抱えています。このような問題に関心を持って日頃から新聞、ニュース等に接するようにして欲しい。
講義内容 1.日本の経済発展の概観(開国から現代へ)
2.高度成長と日本経済Ⅰ(戦後復興、設備投資、二重構造の縮小)
3.高度成長と日本経済Ⅱ(技術革新、消費革命)
4.高度成長と日本経済Ⅲ(国際的側面、貿易・資本の自由化)
5.高度成長と日本経済Ⅳ(高度成長のメカニズム)
6.石油ショック後の日本経済(省エネ、重厚長大から軽薄短小へ).
7.バブル経済(プラザ合意、金融緩和の長期化、株価・地価の異常高)
8.バブル後の日本経済(長期低迷、消費・投資の低迷)
9.グローバル化の日本経済(新興工業国、海外現地生産)
10. 日本経済と金融(金融の役割、部門別資金の過不足、国際収支)
11.銀行再編(護送船団方式、金融自由化、4大銀行グループ)
12.現代日本の財政Ⅰ(財政赤字の歴史、特例公債)
13.現代日本の財政Ⅱ(財政赤字の要因、社会保障関係費)
14.少子高齢化と日本経済(人口減少、高齢化)
15.まとめ
評価方法 期末試験(80%)
受講票(20%)
教科書等 教科書は特に使用せず、毎に資料を講義配布する。
参考書:日本経済新聞社『ゼミナール日本経済入門』、伊藤元重『ゼミナール現代経済入門』日本経済新聞社
担当者プロフィール 2013年3月に広島市立大学を退職し、現在同大学名誉教授です。
日本経済の発展史が専門ですが、近年は広島地域の明治以降の発展過程を研究しています。
備考