科目名 国際開発論Ⅰ
単位数 2.0
担当者 講師 目黒 紀夫
履修時期 前期
履修対象 2年次以上
概要 この講義では、まず国際開発が文字どおり国際的に取り組まれるようになった経緯を説明する。そして、国際開発学の柱である開発経済学・開発政策学・開発社会学・開発人類学が、それぞれどのようなアプローチを採用しているのかを整理したうえで、各学問領域の文献を講読する。
科目の到達目標 開発経済学・開発政策学・開発社会学・開発人類学の間の違いを理解し、それぞれの特徴を具体的な文章をもとに説明できるようになること。
受講要件 特になし
事前・事後学修の内容 前半は教科書(参考書①)に沿って講義形式で行なうので事前学習は必要ない。後半は事前に配布する文章を例に、各学問領域のアプローチを説明する講読形式で行なうため、所定の配布資料を必ず事前に呼んでくること。
講義内容 1. イントロダクション:国際開発学とは?
2. 講義 開発経済学(1):歴史的な開発思想の移り変わり
3. 講義 開発経済学(2):経済開発を超えた課題へのチャレンジ
4. 講義 開発政策学(1):政治学が考える開発とその変遷
5. 講義 開発政策学(2):ガバナンス論と今日的な課題
6. 講義 開発社会学(1):社会学からのアプローチ
7. 講義 開発社会学(2):社会の多様性を前提とする開発
8. 講義 開発人類学(1):「開発人類学」と「開発の人類学」
9. 講義 開発人類学(2):今日の開発における記述と批判
10. 講読 開発経済学:『傲慢な援助』
11. 講読 開発社会学:『貧困の文化』
12. 講読 開発の人類学:『ブッシュマン、永遠に』
13. 講読 開発政治学:『崩壊国家と国際安全保障』
14. 講読 開発人類学:『実践と感情』
15. まとめ
評価方法 成績は小試験(30%)と期末試験(70%)により評価する。
教科書等 参考書:大坪滋・木村宏恒・伊東早苗(編)『国際開発学入門―開発学の学際的構築』(勁草書房、2009年)
担当者プロフィール 専門は環境社会学とアフリカ地域研究。東アフリカのケニアで野生動物の保全と地域社会の変容にかんする現地調査を実施。
備考