科目名 スポーツ文化経営論
単位数 2.0
担当者 教授 曾根 幹子
履修時期 後期
履修対象 2年
概要 一般的に「スポーツ経営」といえば、スポーツを手段にした企業活動をイメージする人も多く、収益性を追求するプロスポーツ球団やフィットネスクラブ、スポーツ企業を扱う学問と思われている。しかし、それだけではない。スポーツ経営の目的は、スポーツ文化そのものの普及・発展を基本に据え、人々の多様なスポーツ需要に対し様々な条件整備を通して、一人一人の生活を豊かにすることである。したがって研究対象は学校、地域社会、スポーツイベント、スポーツ組織、民間スポーツ施設、職場、スポーツ産業等、体育・スポーツに関するあらゆる分野に及ぶ。
 本講義では、スポーツ経営学の考え方や理論について学び、スポーツ経営学の視点から、自分たちが見たり、聞いたり、実際に経験してきたスポーツが、どのような機能を個人や社会に果たしているのか、またスポーツ資源をいかに有効に運用・活用して事業に転換していくかを、新聞記事や、実践事例をもとに考察し議論していきたい。
科目の到達目標 スポーツへの理解を深め、スポーツの基礎的知識と理論を多面的に学ぶ。
スポーツ研究への「入り口」となる講義にします。
視聴覚教材も使用します。
受講要件 スポーツが好きな学生の受講を求めます。
3分の2以上出席していることが、レポート提出の条件です。
1限目の講義ですが、スポーツの新しい見方や、スポーツの「隠された事実」もお話します。ぜひ受講してください。
事前・事後学修の内容 スポーツに興味関心のある学生を歓迎します。
講義の一環として、スポーツ観戦に行きます(出席をとります)。
講義内容 1. プロスポーツ選手のセカンドキャリア(特別講師)
2. イントロダクション
3. スポーツ経営の領域と独自性①スポーツ経営の領域
4.        〃     ②スポーツ経営の独自性
5. 格付けされるスポーツ消費者①21世紀社会とスポーツの変化
6.        〃     ②スポーツ消費者の格差
7. 「みるスポーツ」の経営  ①進化する“みるスポーツ”
8.       〃      ②オリンピックを事例として
9.       〃     ③商品としてのアスリートと市場価値 
10.       〃      ④スポーツビジネスの変化   
11. 「支えるスポーツ」のマネジメント ①スポーツボランティアの機能と役割
12. コミュニティスポーツのマネジメント①スポーツ政策と地域スポーツのこれまで
13.       〃          ②事業運営―マーケティングとイノベーション
14. スポーツ推進と都市経営      ①大規模スポーツイベントと都市政策 
15. 〃          ②スポーツ推進と都市の活力
 
評価方法 1.課題レポート(課題テーマは毎年変わります)
2.レポート提出の条件:10回以上出席している事
教科書等 ・視聴覚教材を使用する場合があります。
・サンフレッチェの観戦に行きます(チケットは個人負担)。
担当者プロフィール
備考 今年度のみ、初回(10月4日)に特別講師を予定しています。
講師は元広島東洋カープの廣瀬純氏で、「プロスポーツ選手のセカンドキャリア」について御講義を頂く予定です。