科目名 政治と経済Ⅱ
単位数 2.0
担当者 非常勤講師 仲  重人
履修時期 後期(隔週開講)
履修対象 3年・4年
概要 経済学の方法論である合理的選択理論を政治経済の理解促進のために応用することで、政治と経済についてより深い洞察を得る試みである。
科目の到達目標 合理的選択理論の政治経済への応用が理知的で興味深い視点を提供することを実感する。
受講要件 基礎レベルの経済学(特にミクロ)を履修していることが望ましい。政治と経済Iを履修していることが望ましい。
事前・事後学修の内容 配布資料をよく読むこと。読んだ資料やテキストをよく理解すること。
講義内容  学期を通し毎回授業の前半に教科書的な講義、後半に事前配布資料について双方向の対話的な読解を行う予定です。教科書的な講義では、
1)経済学の基本概念の復習、
2)外部不経済、
3)外部不経済解消のための政策、
4)収穫逓増産業と政策
といった標準的なトピックを扱います。
 読解では、政治と経済に関して重要あるいは現在着目されている文献(日本語及び英語)をコピーし、事前に配布資料として配ったものについて議論します。事前に配布資料をよく読み、理解しておくことが重要です。
評価方法 学期末テストによる。
教科書等 適時アナウンスします。
担当者プロフィール 現在筑波大学常勤教授ですが、広島市立大学設立時に当該大学に准教授として採用されました。広島在住、実家は東京、通勤先はつくば市と目が回る生活をしています。
備考