科目名 非営利組織論Ⅰ
単位数 2.0
担当者 教授 金谷 信子
履修時期 前期
履修対象 2年
概要  現代社会の様々な課題-福祉、環境、地域活性化など-を解決する重要な担い手として、非営利組織に対する関心が高まっている。利益追求・競争志向の世の中の歪みを問題視し、社会志向を強める人々も増えている。しかし非営利組織に関する理解は、理想・理念が先行したものが多く、現実の姿が十分に理解されているとはいい難い。
 このため本講義では、非営利組織の行動原理、役割、歴史、社会経済的な背景、法制度などを系統的に学び、また様々な分野で活動する非営利組織の具体的事例を通じてその可能性と課題を考察していく。非営利組織と政府の関係や、非営利組織とビジネスの関係も含めて非営利セクターの多様な実態を学ぶ。
 
科目の到達目標  ① 非営利組織の活動の特性を社会経済的また法制度的に理解することを目指す。
 ② 公共政策の新しい動向と非営利セクターの関係を理解し、非営利組織が社会に与えるインパクトやその役割を知る。
受講要件  特にありませんが、ⅠとⅡを連続して受講することが望まれます。
事前・事後学修の内容  授業の際に配布する参考文献リストや資料により、適宜、事前・事後学修を行う。
 発表を行う際には、事前学修を十分に行う。またレポート作成は、授業で学んだ内容を踏まえた上で、自主的に学習した内容を加えてまとめていく。
講義内容 1 非営利組織とは何か
  (1)イントロダクション:非営利組織の概念・定義・歴史の多様性
  (2)「非営利」組織の定義と役割①:公益vs.共益vs.私益
  (3)「非営利」組織の定義と役割②:ボランティアvs.非営利
  (4) 慈善・フィランソロピーの歴史:利他性・利己性の再考 
  (5) 非営利組織の使命と機能:サービスとアドボカシー
  
2 法人制度・経営資源
  (6) 非営利法人制度:NPO法の意義
  (7) 公益法人改革
  (8) 非営利組織の機能・組織特性・経営資源
  (9) 寄付とボランティア

3 公共政策と非営利組織
 (10)福祉国家と非営利組織
 (11)国際社会と非営利組織
 (12)まちづくりと非営利組織

4 非営利組織を求める現代社会
  (13) 新しい社会問題
(14) 政策の動向
  (15) まとめ
評価方法 到達目標:非営利組織の多様性と経済活動に関する基礎的知識を習得
評   価:出席・発表等(50%)とレポート(50%)による。レポートは①講義内容についての理解度、②論理的な構成、③視点のユニークさを評価。
教科書等 参考書:雨森孝悦(2012)『テキストブックNPO』東洋経済新報社。そのほかの参考文献は授業において紹介する。

    
担当者プロフィール 非営利組織論、非営利経済論、福祉経済論などについて研究。著書に『NPOデータブック』(共著)『福祉のパブリック・プライベート・パートナーシップ』(単著)など。
備考 積極的な授業への参加を期待しています。
また非営利活動の実践経験がある人の体験談などを歓迎します。