科目名 非営利組織論Ⅱ
単位数 2.0
担当者 教授 金谷 信子
履修時期 後期
履修対象 2年
概要  非営利組織を一層深く理解するために、世界の非営利セクターの多様性について学び、また経済活動主体としての非営利組織の特性や、マネジメントの必要性、さらに非営利組織を支える外部支援の現状や、政府との関係などについて学ぶ。
 その上で、今後の少子高齢・人口減少社会における諸問題を解決していくためには、市民が主体となる公共分野の構築が、鍵となることについて考察する。
科目の到達目標  ①非営利組織が経済社会で果たす役割を理論的また歴史的に理解する。
 ②非営利組織と政府また市場との関係を理解する。
 ③現代の様々な政策課題と非営利組織の関係や課題について考察する。 
受講要件  
特にありませんが、ⅠとⅡを連続して受講することが望まれます。
事前・事後学修の内容  授業の際に配布する参考文献リストや資料により、適宜、事前・事後学修を行う。
 発表を行う際には、事前学修を十分に行う。またレポート作成は、授業で学んだ内容を踏まえた上で、自主的に学習した内容を加えてまとめていく。
講義内容 1 世界の非営利組織
  (1)オリエンテーション・最近の話題から
  (2)世界的な連帯革命
  (3)非営利セクターの国際比較
  (4)世界の非営利セクター:アメリカ①
  (5)世界の非営利セクター:アメリカ②
  (6)世界の非営利セクター:イギリス
  (7)世界の非営利セクター:社会的経済
  (8)世界の非営利セクター:アジアの動向
  (9)日本の二つの市民社会

2 非営利組織の理論とマネジメント
  (10)非営利組織の経済理論①
  (11)非営利組織の経済理論②
  (12)非営利組織のマネジメント① 使命・経営資源・市場 
  (13)非営利組織のマネジメント② 組織のライフサイクルと発展のジレンマ
(14)非営利・営利、非営利・公共のクロスオーバー

3 今後の展望
  (15)まとめ
評価方法 到達目標:非営利組織の理論や歴史、今後の新展開に関する基礎知識を習得
評  価:出席・発表等(50%)とレポート(50%)による。レポートは①講義内容についての理解度、②論理的な構成、③視点のユニークさを評価。
教科書等 参考書:雨森孝悦(2012)『テキストブックNPO』東洋経済新報社
田尾雅夫・川野祐二(2004)『ボランティア・NPOの組織論』学陽書房
    その他については授業において紹介する。
担当者プロフィール   非営利組織論、非営利経済論、福祉経済論などについて研究。著書に『NPOデータブック』(共著)『福祉のパブリック・プライベート・パートナーシップ』(単著)など。
備考 積極的な授業への参加を期待しています。