科目名 コンピュータ基礎
単位数 2.0
担当者 情報工学専攻 教授 石田賢治(A,B,Cクラス担当)
知能工学専攻 教授 日浦慎作(D,E,Fクラス担当)
システム工学専攻 講師 神尾武司(G,H,Iクラス担当)
情報工学専攻 准教授 井上博之(代表教員)(J,K,Lクラス担当)
履修時期 前期
履修対象 1年生
概要 本講義では主に新入生に対して講義を行い、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワークなどに関する概観を与え、情報科学に関する様々な要素技術の関係を広く理解することを目的とする。
内容は引き続いて受講する関連の各授業内容の基礎を身に付けるための序論である。
今後の他の授業内で出てくる主要な専門用語などについても説明する。
なお、最新の情報技術の紹介も適宜行う。
科目の到達目標 本講義では、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワークに関する基礎を理解し、コンピュータシステム全体の大まかな動作原理について理解するとともに、コンピュータやネットワークは難しいものだという先入観を払拭することを到達目的とする。
受講要件 学習意欲が高く、自ら積極的に受講できること。
事前・事後学修の内容 テキストは演習問題を含むので復習として演習問題を解いておくこと。
講義内容 1.コンピュータの歴史
2.コンピュータの構成(入出力装置、主記憶、補助記憶、プロセッサ)
3.論理回路の基礎
4.半加算器と全加算器
5.フリップ・フロップの動作と2進数の記憶
6.コンピュータの命令
7.アルゴリズムとプログラミング
8.コンパイラの原理
9.コンピュータにおける文字の取り扱い
10.2進数と16進数
11.補数と2進数の加算
12.情報システム
12.ファイルとデータベース
13.通信ネットワークの基礎
14.情報セキュリティと暗号の基礎
15.将来のコンピュータ
評価方法 【評価方法】
試験およびレポートを課し、
1. 期末試験の成績(40%)、2. 中間試験の成績(40%)、3. 受講態度やレポートなど(20%)
の割合で成績を総合的に評価する。
レポートについては完成した物を指定された期限までに提出し、受理される必要がある。
秀、優、良、可、不可の基準は、学生便覧記載のとおりとする。

【達成度評価の基準】
コンピュータの種類と能力、入出力装置、記憶装置、中央処理装置、オペレーティングシステム、情報処理技術の基礎と理論、ファイル構成とデータベース、通信ネットワークシステム、情報システムと信頼性、および、情報化社会と情報倫理、の基礎的概念を理解していること。

教科書等 教科書:安藤明之「最新情報処理概論 改訂版」実教出版(2014)
    また、適宜、資料を配布。
参考書:宮沢修二,他「コンピュータシステムの基礎」アイテック(2007).
    雨宮真人「コンピュータシステムの基礎」岩波講座・現代工学の基礎3・情報系4(2000)
担当者プロフィール 授業内容や宿題などに関する質問および相談は随時受け付けています。
研究室を訪ねる場合は講義前後の空き時間や電子メールなどで事前にアポイントメントを取るようにしてください。
プロフィールは以下の通りです。
石田賢治:主に、ネットワーク制御アルゴリズム、アシュアランスシステムに関する研究に従事。
 情報工学専攻 情報ネットワーク研究室長。
日浦慎作:主に、画像処理やバーチャルリアリティ技術に関する研究に従事。
 知能工学専攻 画像メディア工学・CG研究室長。
神尾武司:主に、学習理論、最適化手法、放送電波品質の理論解析に関する研究に従事。
 システム工学専攻 通信・信号処理研究室に所属。
井上博之:主に、IoTシステムおよびネットワークのセキュリティに関する研究に従事。
 情報工学専攻 情報ネットワーク研究室に所属。
備考 (情報工学科,知能工学科,システム工学科)
【教職】高一種(数学)

(医用情報科学科)
【教職】高一種(情報)