科目名 プログラミングⅡ演習
単位数 1.0
担当者 医用情報科学専攻 准教授 福田 浩士 (代表教員),講師 常盤 達司(J,K,Lクラス担当)
情報工学専攻 准教授 舟阪 淳一,准教授 小畑 博靖,助教 井上 伸二(A,B,Cクラス担当)
知能工学専攻 准教授 末松 伸朗、助教 黒澤 義明(D,E,Fクラス担当)
システム工学専攻 講師 池田 徹志,助教 高井 博之(G,H,Iクラス担当)
履修時期 後期
履修対象 1年次
概要 プログラミングⅡで学習した内容に関連するプログラミング課題を行うことでプログラミングに関する理解を深める。
なお、本授業は演習形式にて行われる。
科目の到達目標 C言語の基本を理解し、比較的小規模で基本的なプログラムであれば誤りなく迅速に開発できるようになる。
受講要件 プログラミングⅠ、プログラミングⅠ演習を受講済みであり、プログラミングIIを同時に受講していること。
事前・事後学修の内容 【事前学修】
プログラミングⅡの事前学修を行う。

【事後学修】
演習後、完了していない演習課題に取り組むとともに演習課題の不明確な点を復習する。
講義内容 プログラミングⅡに対応する内容のプログラミング課題を行う。
第1回 変数と演算子,制御構造
第2回 配列と関数
第3回 復習1(第1回,第2回のおさらい)
第4回 ポインタと関数
第5回 ポインタと整数型配列
第6回 ポインタと文字型配列
第7回 復習2(第4回から第6回のおさらい)
第8回 中間まとめ
第9回 ファイル入出力
第10回 文字列操作(ポインタ配列,コマンドラインパラメータを用いた文字列操作)
第11回 構造体と構造体配列
第12回 構造体へのポインタ,メモリの動的確保
第13回 自己参照型構造体と単純リスト
第14回 復習3(第9回から第13回のおさらい)
第15回 復習4(全範囲のおさらい)
評価方法 試験、および、課題提出状況等により 100点満点の評点をつけ、90点以上を秀、80点以上90点未満を優、 70点以上80点未満を良、60点以上70点未満を可、60点未満を不可とする。ただし原則として,すべての演習に出席し,すべての課題についてレポートが受理されることが単位取得の条件である。
教科書等 参考書:
柴田 望洋 「新・明解C言語 入門編」SBクリエイティブ 2014
担当者プロフィール オフィスアワーの設定や個別学習相談の受付に関してはクラス毎に異なるため、各クラスの最初の授業で連絡する。
備考 【教職】高一種(情報)