科目名 データ構造とアルゴリズムⅠ
単位数 2.0
担当者 情報工学専攻 准教授 高野 知佐(A,B,Cクラス担当)
知能工学専攻 教授 高濱 徹行(D,E,Fクラス担当)
システム工学専攻 准教授 村田 佳洋(G,H,Iクラス担当)
知能工学専攻 准教授 難波 英嗣(J,K,Lクラス担当)
履修時期 後期
履修対象 1年
概要 コンピュータによるデータ処理を実現するために必要な基本的概念であるデータ構造とアルゴリズムについて学ぶ。
計算量の考え方、基本的なデータ構造およびその操作、さらに探索,ソート,選択などのアルゴリズムの習得を目指す。
授業形態は講義である。
科目の到達目標 様々なデータ構造とそれを取り扱う基本的なアルゴリズムの学習を通じて、アルゴリズムを設計・解析するための基本的な手法を修得する。
C 言語によるプログラムの記述例を参照することにより、データ構造とアルゴリズムに対する理解を深めるとともに、プログラミング能力の向上を目指す。
受講要件 受講生への要望 プログラミングIの単位を取得済みであることが望ましい。
また、継続して「データ構造とアルゴリズムII」を履修することにより、IとIIの相互の内容の理解を深めることを勧める。
事前・事後学修の内容 事前学修のための資料および事後学修のための演習問題を配布する。
講義内容 1 アルゴリズム
2 アルゴリズムの計算量
3 基本データ構造1 リスト
4 基本データ構造2 スタック,キュー
5 集合と優先度つき待ち行列
6 再帰法
7 動的計画法
8 基本データ構造とアルゴリズムのまとめ
9 木
10 計算量および探索アルゴリズム
11 基本的なソート(バブルソート,マージソート)
12 基数によるソート(バケットソート,基数ソート)
13 ヒープソート
14 クイックソート
15 選択
評価方法 受講状況,中間テストおよび期末テストの結果に基づき以下の項目の達成度を判定し、下記の評価基準により評価する。
1 アルゴリズムの計算量およびその表記について理解していること
2 データ構造(リスト、スタック、キュー、木、集合)およびその操作を理解していること
3 探索、ソート等,各種アルゴリズムおよびその計算量について理解していること
教科書等 教科書: 茨木俊秀著「Cによるアルゴリズムとデータ構造」(オーム社)
参考書: A.V.エイホ, J.E.ホップクロフト, J.D.ウルマン著;大野義夫訳,
     「データ構造とアルゴリズム」(培風館)
担当者プロフィール 以下のホームページを参照してください。
[高野知佐] http://www.netsci.info.hiroshima-cu.ac.jp/takano.html
[高濱徹行] http://www.ints.info.hiroshima-cu.ac.jp/~takahama/
[難波英嗣] http://www.ls.info.hiroshima-cu.ac.jp/~nanba/
[村田佳洋] http://sos.sos.info.hiroshima-cu.ac.jp/murata/index.html
備考