科目名 確率統計
単位数 2.0
担当者 情報工学専攻 講師 新 浩一(A,B,C,Dクラス担当)
知能工学専攻 准教授 岩田 一貴(E,F,G,Hクラス担当)
システム工学専攻 准教授 村田 佳洋(I,J,K,Lクラス担当)
履修時期 前期
履修対象 2年
概要 データを整理して要約したり,図示するための記述統計学について講義した後,
統計的推定および検定の予備知識として必要な確率論について講義する.
最後に,情報科学において広く使われるような統計的推定および検定の手法について講義する.
なお,授業形態は講義である.
科目の到達目標 (1)確率的な考え方や統計的手法に関する考え方を修得すること
(2)統計学を用いてデータを解析するための基礎的な知識を習得すること
受講要件 「解析学Ⅰ」,「解析学Ⅱ」を修得していることが望ましい.
事前・事後学修の内容 事前に教科書の指定範囲を予習し,わからない点を明確にしておくこと.
講義後には,とりあげた事項や例題について十分に復習し,演習問題を積極的に解くことによって理解を深めよ.
必要に応じて,1年生の数学系科目の内容を参照せよ.質問も歓迎する.
講義内容 1 度数分布
2 代表値,散布度
3 相関関係
4 確率変数
5 同時確率変数
6 二項分布
7 正規分布
8 標本分布
9 区間推定:母平均の推定
10 区間推定:母分散,母比率の推定
11 仮説検定
12 母平均の検定
13 母分散の検定  
14 適合度の検定
15 まとめ

※授業の順序は変更することがある.
※試験期間に別途期末試験を実施する.
評価方法 科目の到達目標の達成度合いを,期末試験の結果で評価する.
評価項目は講義内容のとおりである.
評点に対する評価は履修規定のとおり.

教科書等 教科書: 小寺平治,ゼロから学ぶ統計解析,講談社,2002.
参考書: 小寺平治,新統計入門,裳華房,1996.
     薩摩順吉,確率・統計,岩波書店,1989.
担当者プロフィール 新浩一    問い合わせ先: 情報科学部棟8階854室
岩田一貴  問い合わせ先: 情報科学部棟7階710室
村田佳洋  問い合わせ先: 情報科学部棟8階820室

授業内容や宿題などに関する,学生の個別学習相談を随時受け付ける.
教員の所在は,学内サイネージ等に掲示されているため,確認の上,研究室を訪ねてみること.
備考 【教職】 高一種(数学)