科目名 論理回路
単位数 2.0
担当者 情報工学専攻 教授 永山 忍(A,B,C,Dクラス担当)
知能工学専攻 講師 串田 淳一(E,F,G,Hクラス担当)
システム工学専攻 教授 李 仕剛(I,J,K,Lクラス担当)
履修時期 前期
履修対象 2年
概要 高度情報化社会を支える大規模集積回路の大半はディジタル信号を扱うディジタル回路である。ディジタル回路は論理関数を実現する論理回路としてモデル化される。本講義の授業形態は講義とし、論理関数、および論理回路の設計と解析の基礎について学ぶ。
科目の到達目標 論理関数と論理回路の基礎的事項について理解することを目的とする。具体的には(1)論理関数の簡単化、(2)論理関数の性質、(3)基本的な組合せ回路、(4)組合せ回路の設計、(5)順序回路の設計、を理解し、自在に応用できるようになることを目標とする。
受講要件 「離散数学」(特に、集合、写像、関係)を十分、理解していることが望ましい。
事前・事後学修の内容 「論理回路」はコンピュータを正しく理解するためには必須であるので、情報科学部のどの学科に配属を希望している(あるいはすでに配属されている)にしても、是非、真剣に取り組んでほしい。事前学修としては、教科書の指定範囲を読み、ノートに要点を整理しておくことが望ましい。また、講義内容を理解するためには多くの演習問題を解くことが効果的であるので、事後学修として積極的に演習問題を解くことで学習の定着度を高るようにしてほしい。
講義内容 1.イントロダクション,論理回路とは
2.論理演算とその性質
3.論理式
4.論理関数の性質
5.論理関数の簡単化
6.カルノー図による論理関数の簡単化
7.クワインマクラスキ法による論理関数の簡単化
8.論理関数およびその簡単化に関する総合演習
9.中間まとめ
10.組合せ回路
11.組合せ回路の設計
12.順序回路
13.フリップフロップ
14.順序回路の設計
15.組合せ回路および順序回路に関する総合演習

※授業の順序は変更することがある。
※試験期間に別途期末試験を実施する。
評価方法 受講者に中間・期末試験,講義中の演習および宿題を課し,講義内容の理解度を問う.
中間試験には4割,期末試験には4割,演習および宿題には2割の重みを与えて評点を
算出し,
   秀:評点 90 〜 100点
   優:評点 80 〜 89点
   良:評点 70 〜 79点
   可:評点 60 〜 69点
  不可:評点 59点以下
に従って評価を決定する。
教科書等 教科書:稲垣康善著 「論理回路とオートマトン」 (オーム社)
担当者プロフィール 永山 忍 問合せ先:情報科学部棟4階411号室

串田 淳一 問合せ先:情報科学部棟6階643号室

李 仕剛 問合せ先:情報科学部棟8階863号室

授業内容や宿題などに関する、学生の個別学習相談を随時受け付けています。
教員の所在は、学内サイネージ等に掲示されていますので、確認の上、研究室を訪ねてみてください。
備考 【教職】高一種(数学)