科目名 情報科学基礎実験B
単位数 2.0
担当者 知能工学専攻 准教授 岩田 一貴(代表教員)、准教授 内田 智之、准教授 末松 伸朗、准教授 難波 英嗣、講師 串田 淳一、助教 稲葉 通将、助教 目良 和也、助教 森 康真
履修時期 前期/後期
履修対象 2年次
概要 通称: アルゴリズムとデータ構造
データ構造とは計算機でデータを表現する方法のことで、アルゴリズムとはデータに基づいた問題を解く手順を記述したもののことである。効率的なプログラムを書くためには、両者を対で考える必要がある。この授業では、基本的なデータ構造とアルゴリズムをC言語によって実装し、その特性を確認するための実験課題に取り組む。授業形態は実験である。
科目の到達目標 C言語などのプログラム言語の文法を知っているだけでは、自分が思うようなプログラムは書けない。文法に従ってプログラムを書く前に、扱う問題を分析し、プログラムの仕様を定め、適切なデータ構造とアルゴリズムを選ぶ必要がある。到達目標は、基本的なデータ構造とアルゴリズムを実装することにより、それらの特性を体感し、理解することである。
受講要件 プログラミングI・IIおよびデータ構造とアルゴリズムIを履修していることが望ましい。
事前・事後学修の内容 IT's classにアップロードされた講義スライドを使って事前に内容を予習し、わからない点を明確にしておく。事後は実験結果を整理・分析し、そのレポートを作成する。
講義内容 1. C言語の文法の復習(准教授 難波、准教授 三村、助教 稲葉)
2. アルゴリズム、計算量、データ構造(准教授 内田、助教 森)
3. スタック、キュー(准教授 内田、助教 森)
4. 連結リスト、木、グラフ(准教授 末松、助教 目良)
5. 探索(准教授 末松、助教 目良)
6. 単純な整列アルゴリズム(准教授 岩田、講師 串田)
7. クイックソート(准教授 岩田、講師 串田)
8. まとめ(准教授 岩田、講師 串田)
評価方法 プログラムソース、レポートにより評価する。評価の基準は学生便覧記載のとおりとする。全ての実験に出席し、全てのプログラムソース、レポートを提出すること。
教科書等 参考書:近藤嘉雪、定本C プログラマのためのアルゴリズムとデータ構造、ソフトバンククリエイティブ、1998.
茨木俊秀、Cによるアルゴリズムとデータ構造、オーム社、2014.
柴田望洋、新・明解C言語 入門編、ソフトバンククリエイティブ、2014.
担当者プロフィール 岩田:パターン認識研究室に所属。専門分野は数理工学。
内田:機械学習研究室に所属。グラフアルゴリズムおよびグラフマイニングに関する研究に従事。
末松:パターン認識研究室に所属。統計的パターン認識の研究に従事。
難波:言語音声メディア工学研究室に所属。自然言語処理、情報検索の研究に従事。
串田:知能システム研究室に所属。専門分野は進化的計算。
稲葉:知的メディア工学研究室に所属。専門分野はエージェント、データマイニング。
目良:言語音声メディア工学研究室に所属。感情情報処理の研究に従事。
森:データ工学研究室に所属。知識情報処理の研究に従事。

実験に関する、学生の個別学習相談を随時受け付けています。教員の所在は、学内サイネージ等に掲示されているので、確認の上、居室を訪ねてください。
備考 紙のテキストは配布しません。予習するときは、IT's classから講義スライドをダウンロードして使ってください。講義スライドがテキストの代わりになります。