科目名 解析学Ⅰ演習
単位数 1.0
担当者 知能工学専攻 准教授 関根光弘 (A,B,Cクラス担当)
情報工学専攻 准教授 高橋賢  (A,B,Cクラス担当)
医用情報科学専攻  准教授 青山正人 (D,E,Fクラス担当)
システム工学専攻  講師  廣門正行 (D,E,Fクラス担当)
知能工学専攻    助教  稲葉通将 (G,H,Iクラス担当)
知能工学専攻    准教授  齋藤夏雄 (G,H,Iクラス担当)
システム工学専攻  准教授 桑田精一 (J,K,Lクラス担当)
システム工学専攻  講師 池田徹志 (J,K,Lクラス担当)  
履修時期 前期
履修対象 1年次
概要 授業形態(演習).

同時開講の講義科目「解析学Ⅰ」で学習する内容の問題演習を行なう.
科目の到達目標 毎回配付する練習問題に取り組むことで, 「解析学Ⅰ」の内容の理解を深め, 論理的に説明する能力や計算力を身につけ, 同時に「解析学Ⅰ」の単位を修得する.
受講要件 講義科目「解析学Ⅰ」を合わせて受講すること.
事前・事後学修の内容 「解析学Ⅰ」で学習する内容に関する問題演習をこの授業で行います. 従って, 講義科目「解析学Ⅰ」は必ず受講して下さい.
各回に問題を配付します. 解答出来ない場合は, 自分はどこまで理解しているのか, どこで躓いているのかを整理し, 積極的に質問をする様心掛けて下さい.
講義内容 「解析学Ⅰ」の授業と平行して, 以下の内容の問題演習を行います.

第1回 復習
第2回 極限と微分に関する問題,
第3回 逆三角関数の定義域,値域,グラフの概形,導関数に関する問題, 高階導関数に関する計算問題, Leibnizの定理を用いた高階導関数の計算問題,
第4回 関数の Maclaurin 展開を求める問題,
第5回 無限級数の収束, 発散の判定に関する問題, 正項級数の比較判定法,D'Alembertの判定法に関する問題, 交代級数の収束, 発散の判定問題,
第6回 収束域, 収束半径を求める問題, 項別微分, 項別積分の計算問題,
第7回 Maclaurin 級数展開の計算,
第8回 不定形, および L'Hopital の定理に関連した問題, Landau 記号f(x)=O(x) に関する問題,
第9回 中間まとめ,
第10回 部分積分, 置換積分の計算問題, 漸化式を用いた積分の計算問題,
第11回 有理関数, 無理関数の積分の計算問題,
第12回 特異積分, 無限積分の計算問題,
第13回 パラメータ表示された曲線で囲まれる部分の面積を求める問題, 極座標変換, 極形式で表示された曲線で囲まれる部分の面積を求める問題, パラメータ表示された(極形式で表示された)曲線の長さを求める問題,
第14回 変数分離型微分方程式の問題, 定数変化法の問題,
第15回 総復習.
評価方法 GPAの履修登録取消制度による「解析学Ⅰ演習」の取り消しは認めません.
すべての回の演習を行うことを原則とします. 欠席と遅刻については, 定期試験時の欠席と遅刻の扱いと同様に対応します. 成績評価は各回の課題, 総復習テストをもとに, 「学生ハンドブック」記載の基準で, 秀・優・良・可・不可を判定します.
「解析学Ⅰ」と「解析学Ⅰ演習」の両科目がともに合格基準に達している場合に「解析学Ⅰ演習」を合格とします, 従って「解析学Ⅰ」と「解析学Ⅰ演習」のどちらか一方の科目が合格基準に達しない場合は両方を不合格とします.
教科書等 毎回資料を配付します. 「解析学Ⅰ」の教科書と講義ノートを持参すること.
担当者プロフィール * オフィスアワーを設定しています. オフィスアワーの具体的な時間は最初の授業で伝えます.

関根: 専門は幾何学です. トポロジーや力学系とその応用に興味があります.
高橋: https://s-taka.org/を参照してください.
青山: 医用画像を対象にしたコンピュータ支援診断に関する研究に従事.
廣門: 専門は代数幾何学です. 極小モデルプログラム, グレブナー基底等に興味を持っています.
稲葉: 
齋藤: 専門は代数幾何学です. さらにそれを応用した符号理論・暗号理論にも興味を持っています.
桑田: 専門は数理物理学です.微分幾何や関数解析に興味をもっています.
池田:専門は知能ロボティクスです.日常生活で人と共存する介護用ロボットや,安心できる自動運転システム等の研究に取り組んでいます.
備考