科目名 線形代数学Ⅰ演習
単位数 1.0
担当者 知能工学専攻 准教授 関根 光弘, 知能工学専攻 准教授 古川 亮(A, B, Cクラス担当)
知能工学専攻 教授 三村 和史, 情報工学専攻 准教授 高野 知佐(D, E, Fクラス担当)
知能工学専攻 講師 齋藤 夏雄, 知能工学専攻 助教 串田 淳一(G, H, Iクラス担当)
システム工学専攻 講師 岡山 友昭, 情報工学専攻 講師 新 浩一(J, K, Lクラス担当)
履修時期 前期
履修対象 1年次
概要 授業形態は演習である。講義科目「線形代数学I」 で取り上げる内容について問題演習を行う。線形代数学は, 情報科学や工学において多くのデータをまとめて扱う方法として, または幾何学的オブジェクトの表現手段や複雑な対象の近似として, さまざまな分野で必要とされる概念や計算技術が含まれる重要な科目である。
科目の到達目標 練習問題を解くことによって, 「線形代数学I」 の理解を深め, 論理的に記述する能力や計算力を身につけていくことを目的とする。具体的には, 行列の演算, 行列式の計算, 基本変形などの計算技術を修得し, それらの幾何学的意味を把握することを目標とする。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 毎回の講義の復習をして, 演習問題に取り組めるように準備をしておくこと。また, 採点後に返却された答案をもとに復習を行い, 計算技術の修得および事項の理解を確かなものにすること。
講義内容 「線形代数学I 」の講義と連動して問題演習を行う。
1. オリエンテーション
2. 空間内の図形の方程式 (1) 直線, 平面の方程式, 外積に関する問題演習
3. 空間内の図形の方程式 (2) 球面の方程式, 図形の位置関係に関する問題演習
4. 行列計算の基礎 (1) 行列の和, 行列のスカラー倍, 行列の積に関する問題演習
5. 行列計算の基礎 (2) 行列の計算, 2次の逆行列に関する問題演習
6. 行列計算の基礎 (3) 転置行列, 三角行列, 対角行列, 対称行列に関する問題演習
7. 行列計算の基礎 (4) 分割による計算, 行列による変換に関する問題演習
8. 行列式 (1) 行列式の定義に関する問題演習
9. 行列式 (2) 基本性質と計算に関する問題演習
10. 行列式 (3) 行列式の展開に関する問題演習
11. 行列式 (4) 余因子と逆行列, 行列式と幾何に関する問題演習
12. 連立一次方程式 (1) 階段型の行列への基本変形, ランクに関する問題演習
13. 連立一次方程式 (2) 逆行列の計算に関する問題演習
14. 連立一次方程式 (3) 連立一次方程式の解法(掃き出し法), 解の構造に関する問題演習
15. 総合演習
評価方法 「線形代数学I」の講義と連動して評価する。
教科書等 線形代数学の教科書と講義ノートは毎回の時間に持参すること。
担当者プロフィール 関根: 専門は幾何学です。トポロジーや力学系とその応用に興味をもっています。
古川: 画像処理による3次元計測, およびCGモデル作成の研究に携わっています。
三村: 専門は情報理論と統計物理です。それらを応用した符号理論や信号処理等にも興味を持っています。
齋藤: 専門は代数幾何学です。さらにそれを応用した符号理論・暗号理論にも興味を持っています。
串田: 知能工学専攻 知能システム研究室に所属し,生物の進化や振る舞いを模倣した情報処理システムの研究に従事。 
岡山 : 専門は数値解析です。関数解析や複素解析を道具として高性能計算に取り組んでいます。
新: 情報工学専攻 環境メディア研究室に所属しています。主に電波の伝わり方について研究しています。

授業内容や宿題などに関する学生の個別学習相談を,随時受け付けます.授業や会議あるいは出張などで不在のことがあるのでメールで面会の予約の上でお越しください.                  
備考