科目名 情報ネットワーク
単位数 2.0
担当者 情報工学専攻 教授 石田 賢治
履修時期 前期
履修対象 2年
概要 計算機システムと融合した通信ネットワークは、情報ネットワークと呼ばれ、 情報通信技術(ICT)を構成する基盤技術となっている。また、情報ネットワークは多様な技術によって実現されている複雑なシステムである。このシステムは階層化されたアーキテクチャによって構成される。本講義では、まず、階層化アーキテクチャの概念を導入し、物理層からアプリケーション層までの全体の枠組みを説明する。次に、階層化されたアーキテクチャ内の各層に対応する基礎技術を系統的に説明する。
科目の到達目標 情報ネットワークの世界では、最良と思われた技術がすぐに陳腐化し、 古い時代の技術が再び脚光を浴びることがよくある。技術の輪廻転生である。つまり、情報ネットワーク技術の発展を時間的な流れと共に理解することが重要である。
受講要件 学習意欲が高く、自ら積極的に受講できること。
事前・事後学修の内容 関連科目として、ディジタル信号処理、通信方式、情報理論、分散システム、ネットワークプロトコル、プロトコル設計、ワイヤレスネットワークなどの受講が望ましい。また、予習と復習を行うこと。パケットの中味や構造に興味をもつ者は、参考書の「パケットキャプチャ入門 第3版」などを参照すると良い。
講義内容 1 序論 -情報ネットワークとは-
2 ネットワークアーキテクチャ
   1)通信プロトコルにおける基礎概念
3  2)階層化の考え方、および、サービス品質(QoS, QoE)
4 伝送路と物理層
5 誤り制御
6 MACプロトコル
   1)MACプロトコルの基礎概念
7  2)固定割当て方式、ランダムアクセス方式、および、中間まとめ
8 データリンク層プロトコル
9 データ交換とネットワーク層
10 インターネットを構成する技術
   1)ルーティング技術の概要(非適応形、適応型)
11  2)IP技術(ネットワーク管理コマンド利用の課題演習を含む)
12  3)TCP, UDPの概要
13  4)ネットワークサービスの例
14 情報ネットワークのセキュリティ
15 まとめ
期末テスト
評価方法 【評価方法】
試験およびレポートを課し、
1. 期末試験の成績(45%)、2. 中間試験の成績(45%)、3. レポートなど(10%)の割合で成績を総合的に評価する。
レポートについては完成した物を指定された期限までに提出し、受理される必要がある。
秀、優、良、可、不可の基準は、学生便覧記載のとおりとする。

【達成度評価の基準】
1.マルチメディア情報の交換原理を理解していること。 2.情報ネットワークの歴史の概要を理解していること。 3.階層的なネットワークアーキテクチャを理解していること。 4.通信品質の概念を理解していること。5.通信プロトコルの基礎概念を理解していること。

教科書等 教科書:田坂修二「情報ネットワークの基礎[第2版]」(数理工学社)2013
    必要に応じて資料を配布する。
参考書:宇野新太郎「情報通信ネットワークの基礎」(森北出版)2016
    竹下恵「パケットキャプチャ入門 第3版」(リックテレコム)2014
    村田正幸「マルチメディア情報ネットワーク」(共立出版)1999  
    宮原、尾家「コンピュータネットワーク」(共立出版)1999
担当者プロフィール 講義内容や宿題などに関する質問および相談は随時受け付けています。研究室を訪ねる場合は講義前後の空き時間や電子メールなどで事前にアポイントメントを取るようにしてください。
プロフィールは以下の通りです。
石田賢治:主に、ネットワーク制御アルゴリズム、アシュアランスシステムに関する研究に従事。情報工学専攻 情報ネットワーク研究室長。
備考 (情報工学科)
【教職】高一種(情報)