科目名 通信方式
単位数 2.0
担当者 情報工学専攻 准教授 高橋 賢
履修時期 後期
履修対象 2年次
概要 現代社会において、老若男女を問わず多くの人々が情報通信システムの恩恵を受けています。この講義を通して電気信号による情報の様々な伝達法を学びます。必要となる数学の基礎的事項、信号と雑音、各種変調の生成と復調、ディジタル伝送の受信特性などを扱います。講義形式により授業を行います。
科目の到達目標 受講生がアナログ形式およびディジタル形式の電気信号を伝達する通信方法に関する知識を習得することを目指します。
受講要件 解析学I、解析学II、および情報基礎数学の単位を取得していることが望ましいです。
事前・事後学修の内容 事前学修として教科書の指定範囲を読み理解する努力をすること、また事後学修として講義中に配布するハンドアウトの内容を復習することが必要です。
講義内容 1. イントロダクション(通信の性質と分類)
2. フーリエ級数(周期信号の表現・フーリエ級数展開・フーリエ変換の性質)
3. フーリエ変換(フーリエ変換への拡張・代表的信号のフーリエ変換)
4. スペクトルと信号処理(線形システム・電力スペクトル密度・短時間フーリエ変換)
5. 確率過程と雑音(確率の基礎・確率過程・白色雑音・帯域通過雑音)
6. 通信路容量(相互情報量・白色ガウス雑音通信路の容量)
7. 振幅変調(搬送波と変調・AM信号波の生成と復調・搬送波と側波帯の電力)
8. 振幅変調の改良(DSB-SC・SSB・直交変調)
9. 角度変調(占有帯域幅・角度変調波の生成と復調)
10. 標本化と量子化(標本化定理・エイリアシング)
11. パルス符号変調(ベースバンド伝送・伝送路符号・線形予測符号化)
12. ディジタル変調方式(線形変調方式・周波数変調方式・直交変調方式)
13. ディジタル通信における最適受信(等価低域系・整合フィルタ・最適受信)
14. ディジタル通信における伝送特性(誤り率・多値伝送)
15. 回線設計(フリスの伝達公式・熱雑音と雑音指数・リンクバジェット)
※授業の順序は変更することがあります。
※上記とは別に期末試験を実施します。
評価方法 期末試験、レポート、講義中に行う出席票、および授業態度を総合して評価します。評価の基準は「学生HANDBOOK」に記されているとおりです。
教科書等 教科書: 梅原 大祐, 山本 高至, 村田 英一, 田野 哲, 守倉 正博,OHM大学テキスト 通信方式,オーム社,ISBN-10: 4274214737
また、必要な資料を講義中に配付しますので、ノートやメモを用意する必要はありません。
担当者プロフィール 授業内容などに関する学生の個別学習相談を受け付けています。メールで面会の予約の上でお越しください。 担当者プロフィールについては、https://s-taka.org/ をご覧ください。
備考 【教職】高一種(情報)