科目名 データベース
単位数 2.0
担当者 知能工学専攻 准教授 黒木 進
履修時期 前期
履修対象 3年次
概要 関係データベースをとり上げ、関係データベースの基本概念や数学的な基礎付けについて講義する。また、コンピュータ演習により、関係データベース操作言語SQLやデータベーススキーマなどについての理解を深める。授業形態は講義が中心であるが、必要に応じて、SQLのコンピュータ演習を行う。
科目の到達目標 論理学や集合論などによる数学的な基礎付けを通して、データベースシステムの仕組みを初めとして、データベースの基本概念や設計法について理解し、データベース操作言語SQLを実践的に利用する方法を身に付ける。
受講要件 離散数学、コンピュータ基礎、情報科学序論、オートマトンと形式言語、データ構造とアルゴリズムⅠ、データ構造とアルゴリズムⅡを受講していることが望ましい。
事前・事後学修の内容 事前学修として、教科書の指定範囲を読みノートに整理する。また、事後学修として、プリントを配布する(課題を課す)。
講義内容 第1回 はじめに
   さまざまな情報システム、データベース
第2回 関係モデルの基礎概念
   関係、スーパキー、候補キー、極小、主キー、非キー属性
第3回 データベース設計
    外部キー、データベーススキーマ、テーブルの創成、索引構造
第4回 関数代数演算
    和・差・積・直積・射影・選択・結合・商
第5回 関係代数表現と最適化
    関数代数演算系列、質問木、変形規則、和積標準形
第6回 関係データベース操作言語SQL
    SELECT, FROM, WHERE, GROUP BY, ORDER BY, HAVING
第7回 SQLに関するコンピュータ演習(その1)
  CREATE TABLE、挿入、検索
第8回 SQLに関するコンピュータ演習(その2)
  テーブル間の結合、グルーピング、削除、更新
第9回 三層スキーマ
  外部スキーマ、ビュー、ビューの更新、概念スキーマ、内部スキーマ
第10回 データベース設計1
    E-Rモデル、実体、関連、テーブルへの変換
第11回 データベース設計2
    関数従属性、多値従属性、情報無損失分解 
第12回 データベース設計3
    部分関数従属性、完全関数従属性、推移的関数従属性
第13回 データベース設計4
    BCNF、自明な多値従属性、結合従属性
第14回 データマイニングへの展開
    相関ルール、アプリオリアルゴリズムとSQL
第15回 まとめ
評価方法 期末試験などの点数の他に、授業態度および課題レポートに基づいて評価する。
1.関係データベースの数学的基礎付けが記述された文章が正しい文章か否かを判断できること。
2.関係データベースの基本概念が記述された文章が正しい文章か否かを判断できること。
3.データベース設計や正規化理論に関する簡単な問題が解けること。
4.関係データベース操作言語SQLを使いこなせること。

教科書等 教科書:北上始、黒木進、田村慶一「データベースと知識発見」(コロナ社)
参考書:増永良文「リレーショナルデータベース入門」新訂版(サイエンス社)
    C.J.DATE・藤原 譲「データベースシステム概論」(丸善)
担当者プロフィール [黒木 進] Webページ(http://rsw.office.hiroshima-cu.ac.jp/Profiles/1/0000088/profile.html)に掲載されています。

【学生の学習指導・支援体制について】授業内容や宿題などに関する、学生の個別学習相談を電子メール(kuroki@hiroshima-cu.ac.jp)で随時受け付けています。
備考