科目名 オペレーティングシステム
単位数 2.0
担当者 情報工学専攻 准教授 井上博之
履修時期 後期
履修対象 3年
概要 計算機システムを操作(オペレート)するための基本ソフトウェアとして最も重要なオペレーティングシステムについて講義形式で説明する。
オペレーティングシステムの主な機能とその実現方法についても、最新の事例を交えながら述べる。
科目の到達目標 コンピュータシステムがハードウェアだけであったら、いかに使いにくいか、普段何気に使っているコンピュータシステムの機能はどのようにして実現されているのかが理解できることを目標とする。
受講要件 コンピュータのハードウェアに関する基礎的な知識(例えば、命令の実行過程、割り込み)を理解していることが望ましいので、「コンピュータアーキテクチャ1」、「コンピュータアーキテクチャ2」を履修しておいて下さい。
事前・事後学修の内容 基礎となるUNIX(Linux)系オペレーティングシステムについて、ユーザーの立場で使用できる機能(基本的なコマンドなど)について使用経験があることが望ましいため、事前学修として、教科書に目を通しておくだけでなく、実験や演習での操作の意味を改めて良く理解しておいてください。
事後学修は、授業中に出題した小課題で解けなかったものなどを中心に、授業内容を教科書や参考書で復習しておいてください。
講義内容 1 オペレーティングシステムの目的と背景
2 オペレーティングシステムの機能と構成
3 オペレーティングシステムとハードウェアアーキテクチャ
4 プロセス管理
5 プロセスのスケジューリング
6 並行プロセス
7 メモリ管理
8 ページングによるメモリ管理
9 ページングの制御
10 入出力管理とデバイスドライバ
11 ファイルシステム(1) ファイルシステムの目的
12 ファイルシステム(2) ファイルとディスク装置の関係
13 アクセス制御とセキュリティ
14 セキュリティの確保
15 事例紹介
※授業の順序は変更することがある。
※試験期間に別途期末試験を実施する。
評価方法 講義時間中に出題する小課題を20%、期末定期テストを80%の割合で評価。ただし、期末テストのみのほうが評価が上がる場合はそちらを採用する。
秀:100点-90点、優:89点-80点、良:79点-70点、可:69点-60点、不可:59点以下(欠席含む)とする。
教科書等 教科書:並木美太郎著、「オペレーティングシステム入門」(サイエンス社)
参考書:A.S.Tanenbaum著、“Modern Operating Systems (Second Edition)”、(Prentice Hall)
 【邦訳】A.S.タネンバウム著「モダンオペレーティングシステム原著第2版」(ピアソン・エデュケーション)
大久保英嗣著「オペレーティングシステムの基礎」(サイエンス社)
柴山潔著「オペレーティングシステムーOS学ー」(近代科学社)
青柳隆宏著「はじめてのOSコードリーディング ~UNIX V6で学ぶカーネルのしくみ」(技術評論社)
担当者プロフィール 井上博之: 主に、IoTシステムおよびネットワークのセキュリティに関する研究に従事。
 情報工学専攻 情報ネットワーク研究室に所属。
講義内容や演習課題などに関する個別学習相談は随時受け付けています。教員の所在は、学内サイネージ等に掲示されていますので、確認の上、研究室を訪ねてみてください。
備考 【教職】高一種(情報)