科目名 ネットワークプロトコル
単位数 2.0
担当者 情報工学専攻 教授 石田 賢治(代表教員)  教授 角田 良明
履修時期 後期
履修対象 3年
概要 情報ネットワーク内や情報ネットワーク間の通信で最も重要なことの一つは、その通信に関する取り決めであり、それは通信プロトコルあるいは単にプロトコルと呼ばれる。この取り決めであるプロトコルなしには、そもそも通信は成立しない。本講義では、通信プロトコルの代表的なクラスであるインターネットプロトコルおよび無線ネットワークプロトコルに関して講述する。
 先ず、通信プロトコルの代表的な例として、TCP/IPを取り上げ、TCP/IPの位置づけ、発展した過程、基礎技術について述べる。次に、無線ネットワークプロトコルの代表的な例として、携帯電話ネットワーク、無線LAN、アドホックネットワークに関連するネットワークプロトコルの基礎技術について述べる。
科目の到達目標 情報ネットワークで利用されるインターネットおよび無線ネットワークのプロトコルの基礎知識および実際例に関して理解すること。
受講要件 学習意欲が高く、自ら積極的に受講できること。
事前・事後学修の内容 関連科目として情報ネットワーク、情報理論、ディジタル信号処理、分散システム、プロトコル設計、ワイヤレスネットワークの受講が望ましい。
講義内容 1 序論 -プロトコルとは-(石田担当)
2 TCP/IPの基礎知識1(石田担当)
3 TCP/IPの基礎知識2(石田担当)
4 データリンク(石田担当)
5 IPプロトコル(石田担当)
6 TCPとUDP(石田担当)
7 IP網におけるルーティングプロトコル、および、中間まとめ(石田担当)
8 携帯電話ネットワーク(角田担当)
9 無線LAN(角田担当)
10 アドホックネットワーク(角田担当)
11 無線アクセスプロトコル(角田担当)
12 ルーティングプロトコル(角田担当)
13 マルチキャストプロトコル(角田担当)
14 Bluetoothプロトコル(角田担当)
15 まとめ(角田担当)
期末試験
評価方法 【評価方法】
試験およびレポート等を課し、 1. 前半の成績(50%)、2. 後半の成績(50%)の割合で成績を総合的に評価する。 レポートについては完成した物を指定された期限までに提出し、受理される必要がある。 秀、優、良、可、不可の基準は、学生便覧記載のとおりとする。

【達成度評価の基準】
1.TCP/IPの位置づけ、発展の過程、基礎技術を理解していること。 2.基礎的なルーティングプロトコルの概要を理解していること。 3.携帯電話ネットワーク、無線LANなどの無線ネットワークの基本概念を理解していること。4.アドホックネットワークの無線アクセスプロトコルなどに関する基礎技術を理解していること。

教科書等 教科書等
教科書:竹下、村山、荒井、苅田「マスタリングTCP/IP 入門編 第5版」(オーム社) 2012.
必要に応じて資料を配布する。

参考書:
井関、金、森口「ネットワークプロトコルとアプリケーション」(コロナ社)2010.
村田正幸「マルチメディア情報ネットワーク」(共立出版)1999.  
川島、益田、宮保「最新コンピュータネットワーク技術の基礎」(オーム社)2003.  
宮原、尾家「コンピュータネットワーク」(共立出版)1999.  
Mohamed G. Gouda, "Elements of Network Protocol Design", John  Wiley & Sons, Inc., 1998.
小牧省三、間瀬憲一、松江英明、守倉正博著:「無線LANとユビキタスネットワーク」(丸善) 2004.
C-K. Toh著、構造計画研究所訳:「アドホックモバイルワイヤレスネットワーク -プロトコルとシステム-」(共立出版) 2003.


担当者プロフィール 講義内容や宿題などに関する質問および相談は随時受け付けています。研究室を訪ねる場合は講義前後の空き時間や電子メールなどで事前にアポイントメントを取るようにしてください。
プロフィールは以下の通りです。
石田賢治:主に、ネットワーク制御アルゴリズム、アシュアランスシステムに関する研究に従事。情報工学専攻 情報ネットワーク研究室長。
角田良明:主に、ネットワークソフトウェア、アシュアランスシステム、アドホックネットワークに関する研究に従事。情報工学専攻 ネットワークソフトウェア研究室長。
備考 (情報工学科)
【教職】高一種(情報)