科目名 テクニカル・コミュニケーション演習
単位数 1.0
担当者 非常勤講師 Kazuo Sugihara
履修時期 前期
履修対象 3年生
概要 科学技術分野では技術的な情報のやり取りはほとんどの英語で行なわれている。近年の企業活動の更なるグローバライゼーションも相まって、IT技術者にとって英語によるテクニカル・コミュニケーションのスキルは必須である。本講義では、実用的な状況で英語のドキュメントの読み⋅書きとプレゼンテーションのスキルの向上を主要な目標として、論理的な思考と構成を合わせて習得させることを目指す。その成果をレポートと口頭発表として提出させる。
授業形態は Flipped Classroomによる講義と演習の組み合わせである。
科目の到達目標 科学技術分野では技術的な情報のやり取りはほとんどの英語で行なわれている。近年の企業活動の更なるグローバライゼーションも相まって、IT技術者にとって英語によるテクニカル・コミュニケーションのスキルは必須である。本講義では、実用的な状況で英語のドキュメントの読み⋅書きとプレゼンテーションのスキルの向上を主要な目標として、論理的な思考と構成を合わせて習得させることを目指す。その成果をレポートと口頭発表として提出させる。
授業形態は Flipped Classroomによる講義と演習の組み合わせである。
受講要件 1.中学3年間の基礎的な英語を習得していること
2.講義中にインターネットにアクセスできるように、ラップトップまたはタブレット端末(スマートフォンでも可)を持って受講すること
事前・事後学修の内容 1.各講義の前にホームページに掲載されている講義ノートや資料をあらかじめ熟読し、質問をリストアップして、事前にメールで講師に質問する。
http://pearl.ics.hawaii.edu/~sugihara/courses/HCU2016s_TC/
2.講義中はグループで講義ノートの演習を行なう。
3.講義後は与えられた課題を行い、期限までに提出する。
講義内容 Unit 1: Principles of Technical Communication
Unit 2: Communication by Emails (Part 1 of 3)
Unit 3: Communication by Emails (Part 2 of 3)
Unit 4: Communication by Emails (Part 3 of 3)
Unit 5: Logical Organization and Critical Thinking
Unit 6: Resume and a Summary
Unit 7: Internet Search & Online Documents
Unit 8: Written Communication: Reading (Part 1 of 2)
Unit 9: Written Communication: Reading (Part 2 of 2)
Unit 10: Written Communication: Writing (Part 1 of 2)
Unit 11: Written Communication: Writing (Part 2 of 2)
Unit 12: Verbal Communication (Part 1 of 2)
Unit 13: Verbal Communication (Part 2 of 2)
Unit 14: Oral Presentation by Group
Unit 15: Overall Review
評価方法 講義中の演習問題への参加と課題に対するレポート及びプレゼンテーションにより評価する。全ての演習問題に参加して課題を提出すれば、最低限「可」が保証される。それらの内容のクオリティーによって、それ以上の成績が決定される。
教科書等 教科書は用いず、講義ノートやインターネット上の資料を参照する。
担当者プロフィール Kazuo Sugihara: ハワイ大学情報コンピュータ科学学科 准教授。工学博士
備考