科目名 情報と職業
単位数 2.0
担当者 非常 勤講師   加藤 孝
履修時期 前期(集中)
履修対象 3年
概要 本講義では、企業における情報システムの事例を紹介しながら、情報化、システム化、ネットワーク化などがビジネス社会にどのような影響を与え、どのような変革をもたらしているかを学ぶ。さらに、情報化による光の部分だけでなく、ハイテク犯罪や情報弱者の問題など情報化の影の部分についても触れ、社会において今後、どのように情報化を進めたらいいのかを考察する。
科目の到達目標 企業における情報技術の活用について理解し、概要を説明出来る事
受講要件 特になし
事前・事後学修の内容 講義の初日にレジメを配布する。関連するニュースやWEBページを検索して自ら調査を実施して、次回の講義で発表できるよう準備すること。
講義内容 1  情報社会と情報システム(社会基盤としての情報システム他)
2  情報化によるビジネス環境の変化(POS、CRM、CTIシステム)
3  情報化によるビジネス環境の変化(ワントゥワンビジネス、ビジネスモデル他)
4  グループワークの進め方
5  企業における情報活用(製造業やサービス業における情報システム)
6  企業内での情報システム
7  インターネットビジネス(BTO他)
8  グループワーク
9  働く環境と労働観の変化(働く環境や職場環境の変化他)
10 情報社会における犯罪と法制度(ハイテク犯罪)
11 セキュリティ対策 (1)
12 セキュリティ対策(2)
13 情報社会におけるリスクマネジメント
14 グループワークの発表
15 明日の情報社会(デジタルデバイドなど)
4日間の集中講義
 1~3日目:1時限~4時限(各4コマ)
 4日目:1時限~3時限(3コマ)
評価方法 グループワーク演習を20%。筆記試験を80%の割合で総合的に評価する。 一般企業における情報化について説明できることを到達目標とする。
教科書等 参考書:駒谷昇一、辰己丈夫、楠元範明共著『情報と職業』(オーム社 IT Textシリーズ)定価2500円 (購入は必須ではない)
担当者プロフィール 講師は長年 ITベンダでSE及び教育事業に携わった経験を持つ。
備考 特になし