科目名 ソフトウェア工学
単位数 2.0
担当者 情報工学専攻 教授 角田 良明
履修時期 前期
履修対象 3年
概要 ネットワークソフトウェアを題材にしてソフトウェア工学について論じる。大規模なソフトウェアを効率的に開発するための重要な概念として、アーキテクチャ、オープンソフトウェア、サービス設計、サービス実現要素、品質管理、実装例、コンピュータシミュレーションなどに着目し、それらについて述べる。実用的なソフトウェアを開発するためにプログラミング技術だけでなくソフトウェアのライフサイクルを構成する要求分析、設計、品質管理等の技術が必要であることを認識し、これらの技術を活用できる人材を育成することを目的とする。
科目の到達目標 ソフトウェア工学における要求分析、設計、品質管理等の基礎技術について理解する。
受講要件 プログラミングⅠ、プログラミングⅡ、プログラミングⅢを受講していることが望ましい。
事前・事後学修の内容 質疑応答能力を高めるため、受講生は担当教員からの質問に答えるように努める。
講義内容 1 序論
2 ネットワークソフトウェアの基礎
3 ネットワークソフトウェア・アーキテクチャ
4 オープンソフトウェア
5 サービス設計
6 ネットワークサービスを実現する要素(サービス制御)
7 ネットワークサービスを実現する要素(サービス管理)
8 ネットワークソフトウェアの品質管理(プロダクト評価)
9 ネットワークソフトウェアの品質管理(プロセス評価)
10 ネットワークソフトウェアの品質管理(検証技術)
11 ネットワークソフトウェアの実装例
12 コンピュータシミュレーション(モデル化)
13 コンピュータシミュレーション(実行と結果の扱い)
14 ネットワークソフトウェアの将来展望
15 まとめ
評価方法 試験を課すことによりソフトウェアのライフサイクルを構成する技術の基礎が理解できているかを評価する。秀、優、良、可、不可の基準は、学生便覧記載のとおりとする。質疑応答も評価に含める。
教科書等 教科書:角田良明編著「ネットワークソフトウェア」(共立出版)
参考書:中所武司著「ソフトウェア工学」(朝倉書店)
    有沢 誠著「ソフトウェア工学」(岩倉書店)
    伊藤潔、廣田豊彦、富士隆、熊谷敏、川端亮共著「ソフトウェア工学演習」(オーム社)
担当者プロフィール 1955年広島市生まれ、1975年修道高等学校卒業、1978年広島大学工学部電子工学科卒業、1983年広島大学大学院工学研究科博士課程システム工学専攻修了(工学博士)、同年国際電信電話株式会社(現在のKDDI)入社、1991年大阪大学基礎工学部情報工学科助教授、1998年広島市立大学情報科学部情報工学科教授。詳しくは、ネットワークソフトウェア研究室ホームページ(http://www.nsw.hiroshima-cu.ac.jp)をご参照下さい。
「学生の学習指導・支援体制について」
実験内容やレポートなどに関する,学生の個別学習相談を随時受け付けています.
教員の所在は,学内サイネージ等に掲示されていますので,確認の上,研究室を訪ねてみてください.
備考 【教職】高一種(情報)