科目名 マルチメディア通信
単位数 2.0
担当者 情報工学専攻 教授 前田香織
履修時期 後期
履修対象 3年
概要 情報化社会のシステムは、コンピュータと通信の融合されたシステムである。本講義ではインターネットプロトコルを用いたコンピュータネットワークで音声やビデオなどの多様なメディアを伝送するためのネットワークアーキテクチャや上位層プロトコルについて学ぶ。また、高品質なストリームを伝送するために超広帯域ネットワーク、高速データ伝送の基礎技術に講義する。授業形態は講義だが、一部議論の回がある。
科目の到達目標 ・IPネットワーク上でマルチメディア情報を伝送するためのネットワークプロトコルの基礎技術を理解する。
・マルチメディア情報を効率的に、かつ信頼性を高めながら伝送するための基礎技術を理解する。
・講義中に質問したり、講師からの問いかけに対して応対ができる
・総合課題では積極的に発表する
受講要件 ネットワーク層(IP層)以下に関する基礎技術は理解しているという前提で講義を進めるので、そこまでの内容を理解しておくこと。
事前・事後学修の内容 毎回の講義で使うプリントをe-learningシステムに掲載するので、事前に予習する
講義の内容を次回の講義に小課題として出題するので、復習をする
講義内容 1. イントロダクション
2. インターネットプロトコル基礎1(階層構造、IPアドレス、MACアドレス、ARP)
3. インターネットプロトコル基礎2(IPヘッダ、ICMP、ルーティング)
4. トランスポート層プロトコル1(コネクション型通信、TCPヘッダ、UDPヘッダ)
5. トランスポート層プロトコル2 (開設, サービスポート)
6. トランスポート層プロトコル3 (データ転送フェーズ、コネクション解放フェーズ、UDPの動作概要)
7. 総合課題1(議論)
8. 伝送メディア技術(メディアアクセス制御、LAN)
9. 超広帯域ネットワーク1(Ethernetの高速化)
10. 超広帯域ネットワーク2(伝送メディア、スイッチング高速化)
11. マルチメディアデータ伝送の基礎(映像,音声のデジタル化、圧縮、誤り保障など)
12. マルチキャスト通信の基礎 アドレスの使い方、マルチキャストグループ
13. ネットワークアプリケーションプロトコル(DNS, SMTP, HTTPなど)
14. マルチメディア伝送のセキュリティとネットワーク監視
15. ディジタル伝送の入出力デバイスと総合課題2
評価方法 評価方法:
講義期間中に出す小課題の結果、講義中の質問や発言の内容、総合課題の内容(討論や試験)、受講態度により、総合的に評価する。特に、講義に対する積極性に関して講義中の質問や総合課題の討論の内容を重視する。

達成度の評価基準:
・トランスポートプロトコルの動作、ヘッダについて理解していること
・マルチキャスト通信の基礎技術を理解していること
・マルチメディア情報伝送の基礎技術を理解していること
・広帯域ネットワーク構築のための基礎知識を理解していること
教科書等 教科書:「コンピュータネットワーク」、池田克夫編著、オーム社
電子テキストを併用(e-learningシステムで講義前にアップロード)する。
担当者プロフィール プロフィール:http://www.netsci.info.hiroshima-cu.ac.jp/

学習の支援体制:
授業内容や宿題などに関する、学生の個別学習相談を随時受け付けています。
教員の所在は、学内サイネージ等に掲示されていますので、確認の上、研究室を訪ねてみてください。
備考 【教職】高一種(情報)